相続放棄

マネー

3ヶ月以上経過した相続放棄に対して裁判所から来た照会書の内容

3ヶ月以上の経過した相続放棄の申し立ての場合、家庭裁判所から「照会書」が送られてきて、質問事項に対する答を書き込んで返送するように指示されると思います。うちへ来た照会書の質問事項を書いておきますので、参考にして下さい。照会書の様式など、都道府県によって違うそうですが、聞かれる内容は大体同じことでしょう。要は、こちらの相続状況となぜ今まで相続放棄しなかったのかを分かるように説明するという作業です。
マネー

【10年以上前の相続債務】時効援用すると相続放棄ができなくなることも

債務を相続した時安易な時効援用は危険です。特に信用保証協会の場合、時効の成立はまずないと思ったほうがいいです。なぜそうなるのか。父の死後15年前の連帯保証債務があったことを知った私の経験からお話します。時効にかかっていない債務を相続したとなるとその借金の返済義務は相続人にあることになります。10年以上経過していても相続放棄できるケースはあるので諦めずにやってみるべきですが手続きは原則一度しか出来ません。そこで