生活

おトク情報

Amazonオーディブル入会/返品/退会/コイン・アプリの使い方レビュー

アマゾンのオーディオブックの配信サービスオーディブルはスマホだけでなくPC(Win10)でも利用できます。アプリのダウンロードや本の入手、返品交換、支払いなど一通り試してみたので口コミします。最初は試すだけのつもりでしたが、機能が意外に充実していてお得感のあるサービスです。
生活

住所は我が家,宛名は違う人の郵便物が届いた時の対応

記載住所は確かに我が家の部屋番号宛て。でも宛名は知らない人という郵便物が届いたことが何度かあります。そういうケースでの対応方法です。郵便局へ問い合わせたところ原則的に封筒の表に「受取人不明」の旨を明記してポストへ投函すればOKとのこと。返送のための投函であることが分かるように「返送希望」と併記すると確実でしょう。今…
マネー

GAICA海外プリペイドカードの残高を銀行口座へ払い戻す方法

GAICAカードは、プリペイドカードの残高を銀行の預金口座へ払い戻すことができます。Flex機能の付いたGAICAなら手順もWEBだけで済んで簡単ですが、Flex機能のないカードの場合、電話と郵便が必要になります。両方の場合の払い戻し手順を図解します。
Webサービス

2018年Amazonプライムデーで必ず買うべきものが1つだけあります

セールで買ったほうがいいものは、必ず使うものです。それぞれのお宅の事情によって必ず使うものは違うので、みなさんにおススメな商品と言うのはありませんが、どなたでも必ずおトクになるものがひとつあります。お得なキャンペーンですが、注意したほうがよさそうな点がいくつか…プライム会員(Student、ファミリー)に限定のキャンペーンです。アマギフ5000円を買う前にプライム会員になっておく必要があります。
Webサービス

使わなきゃ損!Amazon定期便の割引ルール,申込,変更,解約案内

アマゾン定期便初体験だったので、何がどうなるのかポチポチやって試してみました。解約はいつでもできるのか、「何か月以上継続してください」等の条件がついていないか、割引率が上がる条件、購入サイクルの変更方法など。結論としては、定期便にできるものは、すべて定期便にするのが正解です。一通りの手順と割引率、注意点を書いておきます。
マネー

クレジットカードへの返金で返金額が引き落とし額より多い場合はこうなります

カードで支払った代金が返品や取引の中止などで返金される場合、締め日をまたいでいると一旦その代金は引き落とされて、次の月の引き落とし額からマイナスされるのが基本的なカードへの返金です。もしこの時、翌月の引き落とし額が返金額よりも少なかったら、差額はいつどのようい返金されるのか。実際に上記のケースを体験したので書いておきます。
生活

網膜裂孔のレーザー手術は即日で痛くも怖くもない-飛蚊症悪化体験談

朝起きたら左目の飛蚊症が急に悪化していました。眼科へ行ったら「網膜裂孔」というモノでした。放っておくと網膜剥離に進行しやすいそうです。その場でレーザー手術が決まって受けて来たので診察、検査、麻酔、手術、目薬の処方、かかる費用など私の体験したケースを書いておきます。
マネー

GAICA Flex機能付カードで出来る事と後から機能を付ける手順

GAICAは、国内でも海外でも使えるプリペイドカードですが、新生銀行のパワーフレックス口座を持っている場合は、外貨をチャージすることができます。でもFlex機能の付いたGAICAでないと外貨チャージはできないのでした…。外貨をチャージするときの手数料は3.5%で、海外でその通貨を使う時には為替手数料は発生しません。一方、海外で日本円チャージ残高から買い物するときの為替手数料は4%です。なので、海外と取引があって外貨を受け取ることのある人が、海外で使うためにカードを用意する場合には、外貨のままチャージしたほうがいいです。
マネー

GAICAカードが届いたらユーザーID登録とアクティベイトを必ず

新生銀行系アプラスのプリペイドカード「GAICA」は、カードが手元に届いたらアクティベイトしないと入金はできても使うことができません。ユーザーID登録を済ませてアクティベイトしたらチャージ。これで支払いに使えるようになります。手順を説明します。申込のときIDとパスワードを決めずに、カード受け取り後に登録するシステムなのですね。AICAの会員専用サイトへ行きます。ログインではなく、少し下の「ユーザーID登録はこちら」へ。必要事項を入力します。「カード番号」は送られて来たカード券面を見てください。「カナ氏名」は名前をカタカナで入れるのですが、半角で入れないとダメみたいです。
Webサービス

リネットにPCを回収してもらって五輪に参加できるのは3月末までです

古いノートPCをリネットジャパンに無料で回収してもらったので、その流れと、途中に起きたアクシデントへの対応など。リネットは、PCやスマホ、小型家電などを回収してくれる業者で、みんなのメダルプロジェクトの認定業者です。PC1台に含まれる金・銀・銅の量が出ていたので参考にデスクトップパソコンなら、金0.5g、銀3.08g、銅435.53g。思ったよりたくさん使われています。使っていないPCで、東京オリンピックに参加しましょう!(笑)
タイトルとURLをコピーしました