住所は我が家,宛名は違う人の郵便物が届いた時の対応

うちはマンションの一室なのですが、

  • 記載住所は確かに我が家の部屋番号宛て
  • でも宛名は知らない人

という郵便物が届いたことが何度かあります。

そういうケースでの対応方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

別人宛ての郵便物が自分の住所宛てに届いた時

意外にあることじゃないかと思います。特にマンションだと。

3通りの対応を経験したので書いておきます。

管理人さんにそういう名前の人が住んでいるか聞いてみる

最初に体験したケースは、これで解決しました。

同じマンションの違う部屋の人宛ての郵便物で、送り主さんが部屋番号を間違えていたのですね。

この時は、管理人さんに「こういう人住んでますか?」と聞いて、住んでいるふうだったので管理人さんに渡して、こちらのすることはそれで終了でした。

たぶん管理人さんが正しい受取人さんのポストへ入れてくれたでしょう。

ただ…

「そういう人が住んでいるかいないか」←これは厳密に言うと個人情報になるので、もしかすると管理人さんが返答してくれなかったり、問題の郵便物を預かってくれなかったりすることもあり得るかな?と思います。

つまりこれは

本来の受取人にとっても一番いい方法ではあるけれども、すごく厳密には正しい対応ではない

ということです。

そうでなくても、そのマンションにその名前の人が住んでいなければどうにもなりません。

その前に一戸建ての場合は、最初からどうにもなりません。

これでダメな場合の対応は次に

差出人さんに封書で送り返す(非推奨)

次にまた違う人宛ての手紙が投函されたときには、管理人さんも「そういう名前の人がいない」というので、しかたなく別の封筒で「そういう方はここに住んでいません」と説明書きを添えて差出人さんへ送り返しました。

切手代は82円なので「まあいいか」と思える金額ではあるのですが、やっぱりちょっと手間です。

跡から分かったのですが、そうではなくもっと簡単+無料で送り返す方法があります。

この方法で送り返す必要はないです。

郵便局に対応を聞いてみました

封書で送り返してから数か月後、また同じ人から同じ人宛ての郵便物が届きました。

ちょっと腹立ちましたよ、ええ。

でもひとつ思いついたことが。

受け取りたくない郵便物は「受取拒絶」と書いて捺印後、ポストに投函すれば差出人に送り返してもらえます。

この方法でも差出人に戻るはず…と思ったのですが、「受取拒絶」には署名か捺印が必要で、それは宛名と同じ名字でなければ無理ですよね。

もしもちゃんと送り返してもらえたとしても、差出人さんにはっきりと「この部屋番号は間違っている」と認識してもらわないとまた同じことが起きそうです。

でも、似たような方法で送り返してもらう方法がありそうだと思って、郵便局へ問い合わせてみると…

問題の郵便物に「受取人不明」と明記してポストへ投函

原則的にこれだけでOK

ただ分かりやすくするため返送の依頼であることを併せて書いてもらえると助かるとのことでした。

受取人不明 返送願います

これでいいでしょう。

切手を貼りなおす必要はないです。そのまま通常の手紙と同じようにポストへ入れれば返送してくれます。

私はこの時、同じ人からの二度目だったこともあり

「郵便の方へ 受取人不明です。返送してください」

「差出人の方へ ご記載の住所にそういう方はお住まいではありません」

と書いてポストへ入れました。

ポストへ入れるのが不安なら郵便局へ持って行って窓口に預けてもいいそうです。

誤配達された郵便物は放置してはだめらしいです

郵便法なるものがあり

郵便法第42条(誤配達郵便物の処理)郵便物の誤配達を受けた者は、その郵便物にその旨を表示して郵便差出箱に差し入れ、又はその旨を会社に通知しなければならない。

ということらしいです。

そのまま捨てちゃったらどうなるのかは分かりませんが、とにかく厳密には罪になることだそう。

でもこれさ…

「通知しなければならない」の後に「ただし同じ差出人からの度重なる誤送はこの限りではない」って付け加えて欲しいわ。

まあそれはともかく、正しい対応は「誤配達の旨を記載」して「郵便ポストに投函するか郵便局へ届ける」ということです。

タイトルとURLをコピーしました