WordPress

ワードプレステーマHestiaのカスタマイズCSS-トップページ編

Hestiaのトップページにインデックスカードを並べている場合のカスタマイズです。このページで説明しているのはCSSだけで編集できるカスタマイズです。記事タイトルのリンク色とマウスオーバー色の変更、リンクのアンダーラインの入れる/消す、「続きを読む」「著者名」のフォント、インデックス下のページネーションの枠を四角になど。
WordPress

ワードプレステーマHestiaのカスタマイズ-余白調整のCSS

ワードプレスの無料テーマHestiaのカスタマイズ法です。ブログ左右の余白の広げ方、本文中の見出しと本文の余白の広げ方、テーブルを入れた時のすぐ下の行と表との間に余白を作る方法を説明しています。すべてCSSの編集だけでカスタマイズできます。
Web制作etc

お名前のドメイン更新でWhois情報公開代行のチェックは必要?

お名前ドットコムでドメインを更新しようとすると、「Whois情報公開代行:転送なし」というオプションが表示されるようになりました。チェックしないといけないのか、しなくていいのか、よく分からない表示ですが、お名前ではWhoisで表示される代替アドレスに届いたメールを転送するサービスが始まっていて、その転送を依頼するかしないかという選択です。転送は有料になります。チェックを入れずにドメイン更新した結果…
Webサービス

Amazonが文字化け?と思ってよく見たら中国語になっていた時の直し方

Amazonが文字化けしたと思ってよく見ると漢字が並んでいるけどなんとなく意味は分かる…こうなっている場合、言語設定が中国語(简体中文)になっています。英語になってしまったケースも同様の対応で日本語に治せます。中国語化した画面から設定し直さないといけないので画像つきで説明します。
Excel

【X/YをX月Y日にしたくない!】エクセルの書式設定を無効にしたい時

エクセルで「X/Y」とそのまま表示したくても自動で日付と認識されて「X月Y日」の表示になってしまいます。書式設定で文字列にしても標準にしても意味の分からない数列になって、入植したままを表示することができません。そういう時の対応方法です。
Webサービス

2018年Amazonプライムデーで必ず買うべきものが1つだけあります

セールで買ったほうがいいものは、必ず使うものです。それぞれのお宅の事情によって必ず使うものは違うので、みなさんにおススメな商品と言うのはありませんが、どなたでも必ずおトクになるものがひとつあります。お得なキャンペーンですが、注意したほうがよさそうな点がいくつか…プライム会員(Student、ファミリー)に限定のキャンペーンです。アマギフ5000円を買う前にプライム会員になっておく必要があります。
Webサービス

使わなきゃ損!Amazon定期便の割引ルール,申込,変更,解約案内

アマゾン定期便初体験だったので、何がどうなるのかポチポチやって試してみました。解約はいつでもできるのか、「何か月以上継続してください」等の条件がついていないか、割引率が上がる条件、購入サイクルの変更方法など。結論としては、定期便にできるものは、すべて定期便にするのが正解です。一通りの手順と割引率、注意点を書いておきます。
マネー

クレジットカードへの返金で返金額が引き落とし額より多い場合はこうなります

カードで支払った代金が返品や取引の中止などで返金される場合、締め日をまたいでいると一旦その代金は引き落とされて、次の月の引き落とし額からマイナスされるのが基本的なカードへの返金です。もしこの時、翌月の引き落とし額が返金額よりも少なかったら、差額はいつどのようい返金されるのか。実際に上記のケースを体験したので書いておきます。
生活

網膜裂孔のレーザー手術は即日で痛くも怖くもない-飛蚊症悪化体験談

朝起きたら左目の飛蚊症が急に悪化していました。眼科へ行ったら「網膜裂孔」というモノでした。放っておくと網膜剥離に進行しやすいそうです。その場でレーザー手術が決まって受けて来たので診察、検査、麻酔、手術、目薬の処方、かかる費用など私の体験したケースを書いておきます。
マネー

GAICA Flex機能付カードで出来る事と後から機能を付ける手順

GAICAは、国内でも海外でも使えるプリペイドカードですが、新生銀行のパワーフレックス口座を持っている場合は、外貨をチャージすることができます。でもFlex機能の付いたGAICAでないと外貨チャージはできないのでした…。外貨をチャージするときの手数料は3.5%で、海外でその通貨を使う時には為替手数料は発生しません。一方、海外で日本円チャージ残高から買い物するときの為替手数料は4%です。なので、海外と取引があって外貨を受け取ることのある人が、海外で使うためにカードを用意する場合には、外貨のままチャージしたほうがいいです。