新ラクマ(旧フリル)で購入をキャンセルするには

先日、ラクマで購入手続きをして支払いも済ませたけれども、商品が発送されずに発送期限を過ぎて、取引が成立しなという体験をしました。

この場合ですと、すんなりキャンセル、返金となりましたが…

欲しいと思って購入手続きをしたけれどもやっぱり要らなくなって購入をなかったことにしたいなどの場合は、どうなるのか。

購入者側の都合でキャンセルする方法について調べたのでまとめておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラクマでの購入をキャンセルする方法

購入者側の事情でキャンセルしたい場合、買おうと思ったけど買わないことにした場合ですが、

  • 購入申請が必要な商品が不要な商品か
  • どの時点でキャンセルするか

によって対応が変わります。

購入申請ありの商品

購入申請というのは、出品する人が設定する項目で、購入者が購入手続きの前に購入申請をして出品者がその申請を承認したら、購入できるようになるシステムです。

購入申請ありの商品に申請して承認を受ける前にキャンセルしたい

この場合は、承認されなければ取引は開始しないので、取引メッセージから出品者さんへ「承認しないで欲しい」旨を送信してください。

申請が承認されないまま申請翌日23:59を過ぎると、購入申請はキャンセルされ、取引の申し出が消滅します。

あるいは、出品者さんが他の申請者さんを承認した場合にも、同様に購入申請は消えます。

購入申請承認前の商品は、これでキャンセルできます。

購入申請を承認された商品、すぐに購入可の商品

ラクマに出品されている商品には、「購入申請あり」のものと「すぐに購入可」のものがありますが、購入申請が承認されれば、購入可の状態になっているわけです。

すぐに購入可ラクマ

なので、「購入申請を承認された商品」と「すぐに購入可の商品」のキャンセルは、同じ対応をすることになります。

購入手続きをして代金を支払う前にキャンセルしたい

currency-3077534_640

この場合は、支払いをせずに支払い期限を過ぎれば、取引がキャンセルされます。

ラクマ上では、出品者さん宛に「取引をキャンセルしたい」とメッセージを送って、支払い期限が過ぎるのを待つことになります。

これをやると出品者さんは、キャンセルまでの期間、その商品を他の人に売ることができず、場合によっては大きな痛手になります。

操作ミスによって購入の申し込みをしてしまうこともあると思いますし、購入手続き後に事情が変わることもあるでしょう。

支払い前のキャンセルは、そうした仕方のない場合の救済措置のようなものと考えたほうがいいと思います。

購入手続きは慎重に、キャンセルする事態はできるだけ避けましょう。

未払いによるキャンセルをたびたび繰り返していると、ラクマから強制退会措置がとらえることもあり得ます。

支払いから発送までの間にキャンセルしたい

gift-

原則的には、ステータスが「発送待ち」になっている取引のキャンセルは、できません。

この時点でキャンセルしたい場合は、当事者同士の話し合いになりますので、出品者さんへメッセージを送って相談してください。

出品者さんからキャンセルOKの返事をもらったら、アプリの問い合わせフォームからラクマへ取引のキャンセルを伝えます。

問い合わせフォームは、マイページメニュー→「お問い合わせ」にあります。

マイページ問い合わせ|ラクマ

購入した商品のページに「取引のキャンセルを希望される方]というボタンが出現したら、そこからキャンセルの手続きをしてください。

商品が届いてからのキャンセル

これも原則的には無理ですが、買ったのと違う商品が届いたなど、キャンセルが妥当な事態もあり得ます。

この場合も、やはり当事者同士で今後の対応を相談することになるので、取引メッセージから連絡を取ってください。

出品者さんがキャンセルに合意したら、ラクマのカスタマーサポートにキャンセルを伝えます。

マイページメニュー→「お問い合わせ」からです。

キャンセルが認められると、代金はラクマから返金されますが、商品は送り返すことになるので、この送料をどちらが負担するかなど、出品さんと対応を具体的に話し合う必要があります。

取引の評価まで終了してからのキャンセル

取引が終了している状態というのは、受取の確認をして、相手方の評価を済ませた状態のことです。

この段階でキャンセルしたいと考えるとすれば、商品に大きな欠陥がある、商品が違うなどの問題があるケースかと思いますが、評価まで完了した売買では、ラクマでの取引キャンセルはできません。

どうしてもという場合、やはり出品者さんとの話し合いです。

取引メッセージからメッセージを送って相手が応じてくれれば、ラクマを通さず直接代金の返金や商品の返送をすることになります。

取引メッセージを送信しても返信がない場合(2~3日たっても返事がない場合)、ラクマ側で取引相手の状況を確認するところまではやってくれるみたいです。

取引相手の状況ってなんのことだか良く分かりませんが、終了している取引については、ラクマの手を離れていることになり、個人間で解決するしかありません。

送られきた商品に大きな不備があったり、説明と著しく違う点があったりするときは、相手の評価を送信する前に、話し合いをすることです。

評価をもって取引は終了します。

評価前であればまだ取引中なので、返金はラクマが受け持ってくれることになります。

せっかくキャンセルにこぎつけても、個人間の約束では、返金がない。返金額が違うなど、さらなるトラブルが起きることもあり得ます。

返金だけでもラクマに任せることができれば、その点だけでも楽になります。

商品が送られてこないままキャンセルになったときの流れはこちらに