CubePDF|プリンターやスキャナーなしでPDFを作れる無料ソフト

PDFはプリンターやスキャナーで作れますが、自宅には、そういったデバイスがないことも。

うちにもないです。買うつもりもありません(きっぱり)

PDFファイルを作りたいときには、CubePDFというフリーソフトを使っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料PDF変換作成ソフトCubePDFを入手

PCが32bitか64bitか調べておく

CubePDFには64bit版と32bit版があるので、インストールするPCが64bitか32bitかを事前に調べておきます。

調べ方はここに→自分のパソコンが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認したい
書いてあるのですが、Win8までの方法しか書いてないな…

Windows10の場合は、

スタートボタンから設定(歯車型のアイコン)へ

32or64bit

すると、「Windowsの設定」窓が開きます。

中の「システム」を選択します。

システム32or64bit

左側のメニュー「バージョン情報」をクリックすると、デバイスの仕様という項目が表れます。

中の「システムの種類」に64-bit~~ あるいは 32bit~~ と出ています。

下の画像↓では64-bit operating, ~~とあり、64bitです。

バージョン情報32or64bit

CubePDFをダウンロード

CubePDFをダウンロードします。

まず、無料PDF変換・作成ソフトCubePDFの公式ぺージ へ行きます。

「無料ダウンロード」のボタンの下に「64bit版はこちら」とあります。

64bit ならここを押して64bit版に切り替えてから、ダウンロードボタンをクリック。

CubePDFをインストール

ダウンロードが済んだらインストールです。

ファイルをダウンロードしたフォルダを開くと、

cubepdf-xxxxxxxx.exe

(xxxxxxxxxxxの箇所はCubePDFのバージョンが入ります)

というファイルがあるので、ダブルクリック

exeファイルCubePDF CubeSoft

「このファイルがPCに変更を加えることを許可」に「はい」→

「使用許諾契約書の同意」一読して「同意する(A)」をON→「次へ」

使用許諾exeファイルCubePDF

「インストール先の指定」でインストール先を指定して「次へ」

インストール先exeファイルCubePDF

「プログラムグループの指定」窓が出ます。

スタートメニュー内アイコンをどこに配置するかの話です。

後からでも変更できるので、こだわりがなければデフォルトのまま「次へ」

プログラムグループの指定exeファイルCubePDF CubeSoft

「キューブサーチの設定」です。

デフォルトのまま「次へ」を押すと、IEにキューブサーチという検索ボックスができます。

不要な人は、

上段「ホームページの設定」を「なにもしない」にして

下段のチェックボックスを外してください。

キューブサーチの設定exeファイルCubePDF CubeSoft

「次へ」をクリックすると、「天気予報コムfor Windowsをインストールする(オプション)」という窓が出現します。

インストールしない場合は、何もせずに「次へ」

インストールするなら「利用許諾に同意してインストールする」にチェックを入れて「次へへ」

天気予報exeファイルCubePDF

インストールの準備ができました。

表示されている設定で間違いがなければ、「インストール」ボタンをクリックしてください。

インストールCubePDF

インストール完了です。

インストール完了CubePDF CubeSoft

CubePDFでPDFファイルを作成保存

CubePDFを使って、PDFを作成、保存します。

Amazonの領収書をダウンロードするケースをやってみます。

Amazonの領収書は、最初から印刷用のリンクが用意されています。

「このページを印刷してご利用ください。」をクリックしてください。

Amazon.領収書印刷へre

エクセルファイルなどをPDF化するなら、ファイル→印刷で。

普通に印刷するときと同じようにすればOKです。

 

ファイルの印刷を指示すると、プリンターの設定を聞くウィンドウが出現します。

プリンターに接続していない状態でもCubePDFがインストールされているPCであれば、CubePDFがプリンターとして認識されるので、印刷ウィンドウの「プリンター名」は「CubePDF」になります。

Amazon.領収書印刷cubepdfre

「OK」をクリックしてください。

 

CubePDFのウィンドウが出てきます。

作るPDFファイルの保存場所を決めます。

Amazon.領収書印刷cubepdf保存場所選択re

「出力ファイル」にデフォルトの保存場所が入っています。

違う場所に出力保存したいときは、隣の「…」のボタンを押してください。

 

おなじみの保存ウィンドウが出るので、保存場所を指定して、分かりやすいファイル名を入力したら「保存」

Amazon.領収書印刷cubepdf保存場所決定

 

CubePDFのウィンドウに戻って、「変換」をクリックすればPDFファイルが作れます。

いつも今回の設定を使う場合は、「設定の保存」からセットできます。

(しなくても構いません。)

文書プロパティ、セキュリティ、詳細設定などは、必要に応じて設定しますが、単にPDFを作るだけなら何もしなくていいです。

PDFバージョン、解析度も同様です。

通常はデフォルトのままでOK。

Amazon.領収書印刷cubepdf変換re

指定した保存場所に領収書のPDFファイルができているはずです。

紙に印刷したものが必要な時は

紙ベースのものが必要であれば、このPDFをネットプリントするか、USBメモリーに保存してコンビニで印刷しましょう。

ネットプリントは1枚20円、USBなら1枚10円です。

毎日のように印刷をするのでなければ、プリンター代、インク代、置き場所、紙などの置き場所、紙詰まりやインク切れの手間などなど…を考えると、プリンターはコンビニのもので済ませることに決めてしまうのもアリかと思います。