キャッシュレス決済

キャッシュレス決済

みずほWalletのMyJCBはどこにあるの-Smart Debit利用明細確認方法

みずほスマートデビットは、銀行口座を支払元としたバーチャルカードでの支払いをスマホでする決済方法です。バーチャルカード発行時にMyJCBが設定されていて、明細はそこで見られるようになっています。このMyJCBにどこから入ったらいいのか分からず苦戦したので場所を書いておきます
キャッシュレス決済

Vpassアプリ指紋認証ログインできなくなった時に再度認証可能する手順は簡単だけど面倒

スマホでIDやパスワードを入れるのは面倒なので指紋認証を使っている人が多いと思いますが、これが…続けて失敗するとすぐに指紋認証をさせてくれなくなります。試しにわざと失敗してみたところ3回連続でミスると指紋認証無効になりました。この指紋認証を復活させるのはアプリだけでできたのでその手順を書いておきます。
キャッシュレス決済

送金アプリPring(プリン)を使って資金を自分の口座間で移動させる方法-手数料無料

送金アプリPring(プリン)を使えば、アプリユーザー間の資金移動は無料でできます。自分の口座から自分の口座への送金ならスマホだけでできるわけです。実際に自分のみずほ銀行口座から自分の三井住友銀行口座へ資金を移動しながら手順を説明します。手順の大筋としてはアプリでみずほからプリンにチャージアプリでプリンから三井住友へもどすになります。「チャージ」はプリンへのチャージ、「もどす」はプリンから自分の手元や口座へもどすことを指しています。
キャッシュレス決済

送金アプリPring(プリン)を使えばセブンATMは手数料無料で利用できます

プリンを使った銀行口座の入出金にはセブン銀行のATMを使います。セブン銀行の口座やカードは必要ありません。スマホで引き出しをセットしておけば後はATM画面での操作になります。入金はATM前でスマホとATMを操作すればOK。引き出しは千円以上1円単位で1日1回までは手数料無料です。この手順と注意点を書いておきます。
キャッシュレス決済

無料送金アプリPring(プリン)のアカウント作成と銀行口座の登録

Pring(プリン)は、個人間送金や入出金などを無料でできるスマホアプリです。2019年現在にリリースされている送金アプリの中では、プリンが一番便利だと思います。シンプル画面が特徴ですがシンプルすぎてはじめは何が何だか(笑)使わないともったいないアプリなので使い方等を書いておきます。銀行口座の登録まで済んでいれば…
キャッシュレス決済

クイックペイをGoogleペイ/みずほWalletに切り換える方法

※アンドロイドスマホの話です。GooglePayでクイックペイを使っていたのをみずほWalletのクイックペイで決済するよう変更する手順を詳細に。逆にみずほWからGペイへの切り換え方法も。どちらもQUIC Payでひとつのスマホに入っていても、ふたつは別々に動いているもので、みずほ銀行口座から引き落とすスマートデビットのクイックペイ決済はGoogle Payではできませんし、逆もできません。それぞれに固有の番号が振られています。
キャッシュレス決済

Google PayのモバイルSuicaをJREポイントサイトに登録できない問題と解決した方法

前提:Google Payで作ったモバイルSuicaをJREポイントサイトに登録しようとした時の話です。「モバイルSuicaの登録メールアドレス(iOSの方はSuica識別ID)または、モバイルSuica会員パスワードが誤っています。」と表示されて先へ進めません。メールアドレスもパスワードもあっているはず。絶対の自信がある!…なのになぜ?原因:Googleペイのモバイルスイカなので、Googleアカウントで使用している名前がモバイルsuicaの名前になっているんだと思い込んでいて
キャッシュレス決済

三菱UFJ JCBデビット はチャージ分も年会費優遇無料条件になる

三菱UFJ銀行発行のJCBデビットカードは年間10万円以上の利用で翌年の年会費を無料にできます。チャージ分も年会費優遇条件に含まれるのかSuicaとプリペイドカードに実際にチャージした結果をまとめておきます。
キャッシュレス決済

JCBのOkiDokiポイントは1ptからアマゾンで使えます-失効防止策

有効期限が迫っているのに中途半端に残っているカードのポイントを使い切る方法です。JCBのOkiDokiポイントは1ポイントからアマゾンで使うことができます。アマゾンギフト券を買うことも可能。事前にアマゾンにカードを登録してポイントを使えるように設定しておく必要があるのでその手順を説明します。
タイトルとURLをコピーしました