東欧の映画

東欧の映画

ウォーキング・ウィズ・エネミー ナチスになりすました男あらすじ感想など

悲惨な歴史を描いた作品ですが、物語の展開には痛快な場面もある映画です。当時ユダヤの一コミュニティとナチスの力の差は圧倒的で、勇敢さやヒューマニズムだけではとても立ち向かえません。無力な青年エレクがその知力と機転で矢十字やナチスの親衛隊から同胞を助ける過程には胸が躍ります。でもエレクは、救えば救うほど、救えなかった人のことが思い出され、ますます危険なほうへとのめり込んでいきます。あれをどう止めたらいいのか。救いに行くから救えなかった人が増えていくのです。