本所南割下水と北割下水|場所と用途と本所七不思議

かの葛飾北斎の生まれた家は、本所割下水にあったと言われています。

「本所」は、墨田区の南側を指す昔の地名ですが、「割下水」は、あまりなじみのない言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

割下水は江戸時代の排水路

読みは「わりげすい

本所辺りは、江戸時代初めには田んぼばかりの場所でした。

明暦の大火(1657年) の後、両国橋が架けられ、隅田川の東側の開発が始まって、宅地化が進みますが、地面は湿地のようで、非常に水はけが悪い土地だったそうです。

そこで道路の真ん中に水路を作り、雨水がそこへ流れ込んで排水されるようにしたのが割下水です。

本所南割下水高札

生活排水をそこへ捨てることはなく、流れる水は汚くはなかったようですが、道の真ん中に水路作るとは豪快な…

墨田区亀沢のサイトに昔の写真がありました。
亀沢・北斎ネット:名前の由来

高札には「一間から二間」とあります。

二間なら約3.6メートル。想像以上に幅のある水路です。

これだともう溝とは呼べません。見た目は川です。

当時の排水路は、その規模によって違う名がついていたようです。

ミツカン水の文化センターのページに出ています。

割下水と呼ぶ、水はけのために造られた排水路もありました。これは道路の真ん中にあって、幅は2間(3.6m)ほど。明暦の大火のあとに江戸が拡張された折りに、本所、深川地域が開発されますが、本所は田地だった所なので土地が湿っている。その水はけをよくするために、割下水を造りました。

江戸から東京へ流れる排水の歴史

南割下水は、今の北斎通り、北割下水は、今の春日通りを通る水路で、本所割下水と呼ばれるのは、南割下水を指している模様。

北斎通り南割下水と春日通り北割下水

徳川幕府の治水事業

これらの水路は、隅田川へ流れ込んでいたものと思い込んでいましたが、ミツカンの同じページに当時の川と水路の略図が出ていました。

江戸から東京へ流れる排水の歴史

これによると、北割下水、南割下水ともに隅田川にはジョイントしていません。

南割下水は、今の江戸東京博物館すみだ北斎美術館の辺りが出発点になっていて、東の横十間川につながっています。

横十間川は、結局隅田川の下流に注ぐのですが、雨水は、東をぐるーっと回ってから墨田川にたどり着いていたのですね。

横十間川も、明暦の大火後に造られた運河です。

東京は長雨、大雨、台風と雨被害を受けやすい気候の土地なので、治水事業が肝要だったのでしょう。

時代小説に生きる割下水

北斎通り

割下水が暗渠(あんきょ)になって姿を消し、かつては南割下水通りと呼ばれていた道路が、新たな名「北斎通り」で呼ばれるようになり、「割下水」という言葉もあまり聞かれなくなりましたが、「鬼平犯科帳」など時代小説には時々出てきます。

鬼平犯科帳では1巻「本所・桜屋敷」に出てきます。

長谷川平蔵の生家は、この近くでした。

北斎通り沿いではなく、京葉道路を南に渡ったところですが。

平蔵の旧宅は、この場所です。

北斎通り本所南割下水と長谷川平蔵生家の位置

長谷川平蔵生家の位置に飛ぶGoogleMap

本所七不思議の中の南割下水

本所には七不思議があります。

七不思議と言っているわりには、8つか9つあるっぽいのですが、ほとんどが本所割下水付近を舞台とした怪談です。

その恐ろしさと言ったら…

燈無蕎麦(あかりなしそば)

本所南割下水_本所七不思議

江戸の頃、本所南割下水あたりには毎夜二八そばの屋台が並んでいたが、いつも行灯の消えている屋台があり、主人の姿もない。

その行燈に火を入れた者は、とんでもない不幸に見舞われるという…

なんでわざわざ人んちの行燈に火をともすの?

送り拍子木

割下水あたりで拍子木を打ちながら「火の用心」とやっていると、背後から同じ拍子木の音が繰り返される。

誰かがついて来ているのかと振り返っても誰もいない。

いや反響だろう。

送り提灯

本所南割下水_送り提灯

送り拍子木の提灯バージョンと言われるお話。

夜、割下水の辺りを歩くと、前方に提灯の明かりが現れる。

振り返ると明かりは後ろへ回り、追いかけると消え、消えたと思うとまた現れる。

親切じゃん。

津軽の太鼓

本所七不思議高札

今は緑町公園になっている津軽越中守のお屋敷のお話。

火災を知らせる警鐘は板木を使うのが普通なのに、津軽上屋敷では、太鼓を打ち鳴らす。
たいそう不思議なことよ…

いいじゃん別に。

火の見やぐらに設置された板木を鳴らすと太鼓の音がした。

板木もあったってことかい。

足洗邸

味野岌之助(あじのきゅうのすけ)の旗本屋敷は、今の亀沢にありました。

本所南割下水_足洗邸

味野岌之助の旗本屋敷では、毎晩天井から足が出てきて「足を洗え」と言う。

洗ってやると足は天井裏へ消えるが、また次の晩になると出てきて、洗うまで家中を踏み散らかす。

味野からその話を聞き興味を持った同僚と屋敷を交換すると、それっきり足は現れなくなった。

まさか家交換しようと言われるとは思わずホラ話しちゃったのね。

置いてけ掘

本所南割下水の西端あたり、今の江戸東京博物館から日大一高辺りは、江戸時代には資材置き場(御竹蔵)で、お堀が蔵を囲んでいました。

本所南割下水_本所七不思議置いてけ掘

お堀でたんまり魚を釣った町人が帰ろうとすると、お堀の中から「置いてけ」という声が…

ビビって逃げ帰ったた町人の魚籠(びく)には、釣ったはずの魚が一匹も入っていなかった。

釣れなかったことを言い訳するのに、こうまでオリジナリティを出されては、女房も怒るに怒れないね。

狸囃子

囃子の音に誘われて音の方向へ進んでも何もなく、本所割下水辺りで囃子が消えてしまう。

狸の仕業に違いない。

柳橋のお座敷の音でしょ。

落葉なき椎

今の刀剣博物館の近くにあった平戸新田藩松浦家上屋敷のお話。

平戸新田藩松浦家の上屋敷の椎の木は、まったく葉を落とさない。

だって常緑樹だから。

片葉の葦

本所七不思議高札 -片葉の葦

両国橋東詰近くにあった隅田川脇掘の駒留橋のお話。

美しいお駒につれなくされた留蔵が、お駒の片手片足を切り落として掘りに投げ込んだ。

以来、お堀周辺の葦はいつも片方の葉しかつけなくなった。

ガチにヤな話は、やめない?

……

こうした身の毛もよだつ怪談の数々が伝えられる本所割下水なのでした。

南割下水通りは、人の住まいの多い道で、繁華街とは違って、夜には静かであまり明るくない場所だったのかな?と、怖くない怪談の端々から感じられます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類



白いひまわり