ザ・テラー シーズン2「インファミー不名誉」の登場人物相関図

「ザ・テラー」のシーズン2インファミーの配信が始まりました。

「ザテラー」シリーズは、歴史上のミステリアスな出来事を独自にアレンジしてドラマ化するアンソロジーになるようで、シーズン1と2は、つながっていません。

「インファミー(不名誉、汚名の意味)」とサブタイトルのつけられたシーズン2は、第二次世界大戦当時のアメリカの日系人収容所を舞台にしたドラマです。

日系人の収容所は実際にあって、そこに霊が出るという噂もあったようです。

日系人のドラマ「インファミー」の登場人物を整理しておきます。

シーズン1の実話要素などはこちらに

「ザ・テラー」に含まれる15の実話要素をピックアップ
「ザ・テラー」は1845年のフランクリン遠征とその遭難を元に作られたヒストリカル・フィクションです。謎の多い遭難で物語に描かれる出来事の多くは創作ですが、判明している事実は丁寧に織り込まれています。ザ・テラーの実話に沿った要素と事実と違う要素、原作執筆後に明らかになった情報をまとめました。

Contents

日系人関連作品アマゾンプライム入りのお知らせ

戦中の在米日系人の物語「二つの祖国」がアマゾンプライムで見られるようになりました。

正直なところ山崎豊子の原作のほうがいいな…と思いましたが、ドラマもいいです。

戦後、東京裁判あたりまで話が続きます。

ザ・テラー シーズン2 インファミーの登場人物相関図

最新の相関図(8話時点)はこちらに

※点線で囲んでいる人は死んだ人です。

第1話「ツバメの巣の中のスズメ」終了時点での登場人物相関図

タップで拡大してください

ザテラー-シーズン2-インファミー不名誉第1話登場人物相関図

1話の詳細はこちらに

ザ・テラー S2インファミー不名誉第1話ネタバレ有と無のあらすじ
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ザ・テラー第2作は、第二次世界大戦時アメリカに実際にあった日系人の収容施設を舞台にした物語です。この収容所には幽霊が出ると噂されていたと聞きます。1話のあらすじとターミナル島の場所、謎の整理などを書いた記事です。

第2話「悪魔はまだ地獄にいる」終了時点での登場人物相関図

※2話以降は、相関図でネタバレしています。各人物解説は目次から飛んで下さい。

目次に戻る

2話が終わって相関図はこうなりました。

分かりにくい…

  • ヤマトさんとヘンリー(チェスターの父)とヒデオ(自殺したマサエさんのDV夫、失明した人)はFBIの拘置所にいる
  • チェスターたちは日系人収容所にいる
  • ユウコはどこにでもいる

という状態です。

ザテラーシーズン2不名誉登場人物相関図2話

2話の詳細はこちらに

ザ・テラー S2インファミー不名誉第2話あらすじとユウコと島の日系人の謎-一世の共有する秘密がある?
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ザテラーS2第2話のあらすじと2話時点での登場人物相関図、それぞれの居場所などをまとめています。ここまでに出て来た情報から垣間見える島の日系一世の共有する秘密についての整理も。

第3話「ガマン」終了時点での登場人物相関図

ザテラーシーズン2不名誉インファミー登場人物相関図3話

 

3話の詳細はこちらに

ザ・テラー S2不名誉第3話あらすじと「天女」のニュアンスなど
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】テラ2第3話のあらすじなどです。ゆうこが言う「天女」のニュアンスをアメリカ版で当てあられている単語と合わせての推測も。前回までのザ・テラーS2不名誉の不思議現象 自殺したマサヨ・フルヤの葬儀で撮った写真に顔だけぼやけて映っていない人物が マサヨの夫ヒデオ・フルヤが謎の女(ゆうこ)とすれ違った直後に失明 日系人の獲った魚の仲買をしていた白人男グリチャック怪死 失明しているヒデオがある女の顔が見えると言う。顔はゆうこ チェスター・ナカヤマがゆうこを撮ると、顏だけブレて見えないものが現像された チェスターがゆうこと会った娼館を再訪すると「そんな子はいない」と言われた 収容所でゆうこを見たウィルソン・ヨシダは、チェスターに「逃げろ」と叫ぶとなぜか米兵の銃を奪い、数人の米兵の並んでいる方へ向かって行って射殺される。 1話で、ゆうこの皮膚は強くこするとべりっと剥がれるものの縫い付ければ綺麗に元通りになることも分かっていて、これが生きた人間はなく、彼女が奇怪な現象を起こしていることは明らかです。 ゆうこがなぜそんなことをするのかは分かっていません。

第4話「弱肉強食」終了時点での登場人物相関図

ザテラーシーズン2不名誉インファミー登場人物相関図第4話

 

4話の詳細はこちらに

ザ・テラー S2不名誉第4話あらすじ-白い悪魔と双子とおたふく,ゆうこの行動の謎についてなど
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ザテラーシーズン2インファミー第4話「弱肉強食」のあらすじをまとめています。ゆうこの怨念は出産に関係があるのかと考える根拠、まるでナカヤマ家を守っているようにすら見えるゆうこの行動についても。3話終了時点での登場人物相関図点線囲み=死んだ人です。米軍の翻訳担当となったチェスター・ナカヤマが赴任したのはガダルカナルでした。 チェスターの解読した日本兵のメモにより、行方不明になっていたバーリンガム軍曹が発見されます。 しかし見つかった軍曹は、日本語で「白い悪魔」「お前を殺す」「弱肉強食」などと話すばからりで、何があったのか分かりません。

第5話「真珠のように砕け散る」終了時点での登場人物相関図

図が複雑化してきたので各登場人物の居場所を示す枠を削除しました。

5話終了時点で

チェスター→ガダルカナルにいる

ルース→絶縁状態だった父親が迎えに来たので収容所を出た

その他主要人物→オレゴンの収容所(含む土の中)にいる

ゆうこ→ガダルカナルへ拠点を移した模様

です

ザ・テラーS2インファミー不名誉登場人物相関図エピソード5

 

5話あらすじはこちらに

ザ・テラー S2不名誉第5話あらすじ-捕虜の自決,ケンのNo,動く鞄から転げ出るもの
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしています】ザテラーシーズン2「不名誉」第5話のあらすじ,ここまでの登場人物相関図と死んだ人まとめ、感想など。5話はガダルカナルのチェスターが捕虜の日本兵と対峙する回です。日本兵は何故かチェスターの名を知っていて敵意のままにチェスターを死霊と呼びます。収容所では日系人の意識調査が行われ、2世のケンはその質問内容に納得がいきません。回答者の処遇を危惧するエミーは…

第6話「タイゾウ」終了時点での登場人物相関図

6話で家族の関係が大きく変わったので、もう出ていない人はひとまず消しました。

ザテラーシーズン2不名誉インファミー登場人物相関図第6話

6話あらすじはこちらに

ザ・テラー S2不名誉第6話あらすじ-ゆうこのタイゾウとチェスターの知る真相
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ザテラーシーズン2インファミー第6話「タイゾウ」のあらすじと解釈感想などを書いています。人はなぜか霊の言い分には道理が通っていると思い込むこれが今回の発見でした。死んでも死にきれずこの世に出てくる幽霊の持つ恨みには、万人が納得する理由があるものだという前提で見る習慣がついているなーと。お岩さんとかお菊さんとか。「こりゃ気の毒だわ。好きなだけ化けて出なよ」と思いますよね。有名な怪談は大体そうです。

第7話「完璧な世界」終了時点での登場人物相関図

点線囲みは死んだ人

実線=家族、赤線=血縁です

ザテラーシーズン2不名誉インファミー登場人物相関図第7話

7話あらすじはこちらに

ザ・テラー S2不名誉第7話あらすじ-流行り病とケンの直訴とチェスターの兄弟
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】アンソロジーシリーズ「ザ・テラー」のシーズン2不名誉第7話のあらすじと感想などを書いています。はじめケンのことスパイかと疑ってて悪かったよホント。チェスターは自分の育った修道院のファイルを調べ、生まれた時は双子だったことを知ります。収容所では熱と咳の流行り病が広がり病棟は患者で一杯になっています。

第8話「私のかわいい息子」終了時点での登場人物相関図

点線囲みは死んだ人

実線=家族、赤線=血縁です

ルースの父は生きている可能性があるのかな?と感じました。

ボーエンは、あれで死んだと決めつけときます。

 

ザテラーシーズン2不名誉インファミー登場人物相関図第8話

 

8話のあらすじはこちらに

ザ・テラー S2不名誉第8話あらすじ-チェスターとジロウ呪術再会エミーとボーエン復讐の応酬
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】第8話ではエミーのボーエン少佐への反撃の結果が出ます。一方チェスターはルースと結婚。もはや戦争も日系も関係ないドラマを突っ走っています。結婚式にはユウコが現れ、チェスターを通じて双子の弟ジロウを探し当てます。

第9話「この身を犠牲に」終了時点での登場人物相関図

前回からあまり変わっていませんが、ルースの子が生まれました。

 

ザテラーシーズン2登場人物相関図第9話

9話のあらすじはこちらに

ザ・テラー S2不名誉第9話あらすじ-ルースの2度目の出産とアサコの秘密
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ザ・テラーシーズン2~不名誉第9話のあらすじです。出産の近いルースのいる祖母の家では、厳重に戸締りしてゆうこの侵入を防いでいましたが、いよいよ生まれるという日、ゆうこは神父の中に入ってやって来ます。 ベッドの脇に立つ神父がゆうこだと気付いたチェスターは、ルースを車に乗せて、今は使われていない軍事施設へ乗りつけました。 薄暗い部屋でようやく産まれた子は男の子で、産声は上がりませんが健康です。 それを見届けたチェスターは、ヘンリーにある頼みごとをします。 一方アサコは、自分のしたことをゆうこは知っているのだろうかと思い悩んでいます。

第10話「来世」終了時点での登場人物相関図

最終話でヘンリーが死にもうひとりのヘンリーが生まれました。

 

ザテラーシーズン2インファミー不名誉第10話最終回登場人物相関図

10話のあらすじはこちらに

ザ・テラー S2不名誉第10話最終回あらすじ-後ろ向きなハッピーエンド
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】戦中のアメリカに暮らす日系人の周辺で起きる奇怪な出来事を描いたザ・テラーシーズン2第10話最終回のあらすじと登場人物相関図の変化など。

ザ・テラーS2「インファミー」の登場人物

田辺ゆうこ

演:キキ・スケザネ 祐真 キキ

チェスターたちの周囲に現れる謎の女性

主人公チェスターと家族・関係者

チェスター・ナカヤマ

演:デレック・ミオ

日系二世ヘンリーとアサコの息子

アメリカ全土を渡り歩くカメラマンを志望している

ヘンリー・ナカヤマ

↓「明」の人がヘンリー

演:シンゴ・ウサミ 宇佐美慎吾

チェスターの父

新天地を求めてアメリカへ渡った日系一世で漁師

ターミナル島で車を持っているのはヘンリーを含めて6人だけだそう

アサコ・ナカヤマ

演:ナオミ・モリ 森尚美

チェスターの母

スピリチュアルな力の存在を信じている

ルース・オヘダ

演:クリスティーナ・ロッド

チェスターの彼女で看護学校の生徒

チェスターの子を妊娠する

メキシコ系アメリカ人

ジロウ

チェスターの双子の弟

チェスターは最近まで弟がいたことを知らなかった

目次に戻る

フルヤファミリー

マサヨ・フルヤ

演:ユキ・モリタ

ヒデオの妻でトシロウの母

調剤の知識があり、チェスターの頼みで堕胎薬を調合する

その後自殺

ヒデオ・フルヤ

演:エイジ・イノウエ

マサヨのDV夫

トシロウ・フルヤ

演:アレックス・シミズ

ヒデオとマサヨの息子

ヨシダファミリー

ウィルソン・ヨシダ

演:ジェイムズ・サイトウ

ウォルトとエミーの父

考えが古いらしい(エミー談)

フミ・ヨシダ

演:ヒラ・アンブロジーノ

ウォルトとエミ―の母

ウォルト・ヨシダ

演:リー・ショーテン

ウィルソンとフミの息子

今は東京にいる日系二世のベティと間もなく結婚予定

エミー・ヨシダ

演:ミキ・イシカワ 石川美樹

ウィルソンとフミの娘でウォルトの妹

白人の海軍兵とつき合っている(親には内緒)

目次に戻る

その他の日系人

ノブヒロ・ヤマト(ヤマトさん)

演:ジョージ・タケイ

80歳のヤマトさんは、ターミナル島の日本人コミュニティの御大

若い頃は漁師だった。今はヘンリーの船太郎号の顧問のような立場でいつも甲板にいる

ニック・オカダ

演:カイ・ブラッドベリィ

ヘンリーらとともにFBIに連行された日系人

ヤマトさんは「オカダは化け物だ」と恐れている

ケン・ウエハラ

演:クリストファー・ナオキ・リー

オレゴンの日系人収容所でエミーと出会うサンフランシスコから来た日系人

Dr.キタムラ

演:ヒロ・カナガワ

収容所の日系人医師

ルースは転倒で受診した際の態度が冷たかったキタムラををあまり信用していない。

ハセガワ看護婦

演:エミ・カミト

収容所の日系人看護婦

アーサー・オガワ

ガダルカナルでチェスターとともに翻訳作業にあたる日系人

テラジマ

演:タイガ・セイヤ

新たにガダルカナルにやってくる日系人語学兵

何かの液体がにじみ出てるデカいカバンを持ってる

目次に戻る

その他ターミナル島の現地人

スタン・グリチャック

演:ティーチ・グラント

魚の加工工場職員で買い上げ担当。白人

ヘンリーは、こいつに魚を卸している

ヘンコフ教授

演:ジェフ・グスタフソン

チェスターが大学時代に写真を習った教授。白人

米軍兵

ボーエン少佐

オレゴン日系人収容所の監督官

コロネル・スターリング大佐

演:リード・ダイヤモンド

日系人の翻訳チームを管理する指揮官

バーリンガム軍曹

演:クレイトン・チッティ

ガダルカナルの米兵

高橋提督の隊と戦闘するうち行方不明になった

マティス二等兵

演:ジェシー・アーヴィング

ガダルカナルの米兵

軍曹として米軍で働く日系人に敵意を持っている

日本兵

おおたてつや中尉

演:カズヤ・タナベ(田邊和也)

ガダルカナルで捕虜になる日本兵

高橋提督の部下

目次に戻る

ナカヤマさんとヨシダさんのおじさんとおばさんが似ていて見分けにくい問題

日系二世の世代は見分けられますが、その親たちがなんとなく似ていて分かりにくいです。

主に3つの家族が描かれている

三家族はとても親密につきあっています。

妻自殺のフルヤさんちは分かりやすいのですが、ナカヤマさんちとヨシダさんちの両親が…

覚え方ポイントをまとめました。

ナカヤマ家

チェスターの家

父は漁師でパッカードオーナーだったヘンリー。母はちょっと迷信深いアサコです。

フルヤ家

自殺するマサヨさんの家

旦那のヒデオは酒飲みでマサヨに暴力をふるう奴でした。

見るからに人相の悪いおじさんがヒデオ・フルヤ

ひとり息子のトシロウは、小柄で丸顔。チェスターは弟のように接しています。

ヨシダ家

チェスターより少し若く見えるエミーがいる家

ウィルソン、母フミがそれぞれナカヤマ夫妻と似ていて…

ヨシダ家とナカヤマ家は2家族で食事する場面で覚えてください

第1話にヨシダ一家がナカヤマ家で夕食を食べる場面があります。

→ディナー場面は、エピソード1の17分55秒あたりからです

その時の席順はこう↓です。

 

ザテラーシーズン2不名誉第1話登場人物席順

茶のカーデガン(長袖)がチェスターの父ヘンリー・ナカヤマで、茶とベージュのベストがエミーとウォルトの父ウィルソン・ヨシダ

ヘンリーの隣で「人生の中の種が実る季節なのよね」という人がエミーとウォルトの母フミ・ヨシダストライプのブラウスにパールのネックレスをしていて「23年前、(夫になるヘンリーの)写真だけ持って3週間海を渡って来た」と話すのがチェスターの母アサコ・ナカヤマです。

ウォルト・ヨシダは娼館で

ヨシダ家の兄ウォルトはこのディナーにはいませんが、娼館へ行くところで出てきます。

今度結婚する人として紹介されるのがウォルトです。

→娼館場面は、エピソード1の29分30秒あたりから
カウンターに肘をつく格好で立って煙草を吸っている人がウォルト・ヨシダです。

アサコ・ナカヤマは活躍してます

マサヨさんのお葬式でマサヨの息子トシロウに「お母さんが見守っている」と言ったり、棺がひっくり返るのを見て「悪い兆し」「成仏できない…」と言ったりしているのは、チェスターの母、アサコ・ナカヤマ

→出棺場面は、エピソード1の4分15秒あたりから

フルヤさんちを訪ねて念仏唱えながらそこここにお米撒いてるのもチェスターの母アサコ・ナカヤマです。

→フルヤ家訪問場面は、エピソード1の25分53秒あたりから

 

いい加減もう分かったよって?(笑)

登場人物については順次更新していきます。