ザ・テラー S2不名誉第8話あらすじ-チェスターとジロウ呪術再会エミーとボーエン復讐の応酬

AMCのテラーシリーズは、実話をもとに創作されるホラーのアンソロジーです。

シーズン1は19世紀の北極で遭難した英国の探検隊を題材にしたもので、「テラー」は、探検隊の船の名(H.M.S.Terror)でした。

シーズン1についてはこちらに

ザ・テラー シーズン1
「ザ・テラー シーズン1」の記事一覧です。

シーズン2「不名誉(インファミー)」は、戦中の在米日系人の周囲で起こる出来事を描いたドラマです。

当時、大統領令によって日系人が収容所へ送られたのは史実のとおり。

怪奇現象が起きると噂される収容所もあったそうです。

テラ2第8話「私のかわいい息子」のあらすじなどをまとめます。

7話終了時点での登場人物相関図

前回終了時点での登場人物相関図はこうでした。

点線囲みは死んだ人、赤線は血縁です。

 

ザテラーシーズン2不名誉インファミー登場人物相関図第7話

各登場人物の詳細はこちらに

ザ・テラー シーズン2「インファミー不名誉」の登場人物相関図
「ザ・テラー」のシーズン2インファミー(不名誉)」の登場人物と相関図です。3つの日系人家族が出てきますが、ナカヤマ家とヨシダ家は両親ともに似ていて分かりにくいので、どの場面のどの人が誰なのか、分かりやすい場面をあげて書いておきました。ナカヤマ家がチェスターの家です。フルヤ家が自殺するマサヨの家。ヨシダ家はエミーとウォルト兄妹の家

8話終了時点の相関図はこちら

ザ・テラーS2不名誉第8話「私のかわいい息子」あらすじネタバレ無版

前回第7話はこちらに

ザ・テラー S2不名誉第7話あらすじ-流行り病とケンの直訴とチェスターの兄弟
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】アンソロジーシリーズ「ザ・テラー」のシーズン2不名誉第7話のあらすじと感想などを書いています。はじめケンのことスパイかと疑ってて悪かったよホント。チェスターは自分の育った修道院のファイルを調べ、生まれた時は双子だったことを知ります。収容所では熱と咳の流行り病が広がり病棟は患者で一杯になっています。

日系人収容所の監督官ボーエン少佐が上層部へ呼び立てられます。

ケンへの不当処刑を密告したエミーは、ボーエンが処分を受けるものと思っていました。

でもボーエンは帰って来ます。

不自然なまでに上機嫌なボーエンは、盛大なパーティを開くと言い、準備のためとエミーをジープに乗せると、見通しのきかない草むらを3時間走り続けます。

 

ニューメキシコ州でルースの祖母の家に暮らすチェスターは、ルースと結婚しました。

そこへルースの父親が行方不明になっているとの知らせが届き、祖母は呪術によって父の生死が分かると言います。

それを聞いたチェスターは、いまだ見つからない双子の弟ジロウがどうしているのか知りたいと呪術を依頼しました。

祖母の祈りの声を聞くチェスターの脳裏にひとりの少年が現れます。

ザ・テラーS2不名誉第8話「私のかわいい息子」あらすじネタバレ版

ネタバレ箇所を読みたい人は、タップで開いてください。

 

ネタバレを読む

収容所の変化

ヘンリーとアサコ帰郷

日系人の収容所は強制収用を廃止、希望により出所出来るようになりました。

チェスターの父ヘンリーは、外へ出て新たに庭師の仕事に就くことを決めましたが、母アサコは、チェスターが戻ってきた場合のことを考え、乗り気ではありません。

エミーの兄ウォルト帰国

米軍兵としてイタリアへ行っていたウォルトが戻って来ます。

少尉の階級にあがっています。

無口なトシロウのショッキングな言葉

ウォルトの任務は、収容所から日系人の兵士を募集することでしたが、死んだヒデオの息子トシロウが志願に来ると声を潜め

「日系人は白人の代わりに危険な部隊へ入れられる。日系人部隊は死者が多いので補充のために募集しているのだ」

と真相を教えます。

孤児となったトシロウの答は

「人の死などなれっこだ」

「人を殺したい」

でした。

口数が少なく辛い心情をぶちまけたこともないトシロウの内心はこじれ、すさんでいます。

ご機嫌なボーエン


ケンをだまし討ちのように銃殺されたエミーは、ボーエンがそれを話すのを録音して軍へ送っていました。

その後ワシントンへ呼び出されていたボーエンが、収容所へ帰って来ます。

密告を知っているのかいないのか。

ボーエンはいつになく上機嫌で、ウォルトの帰還を祝うパーティを開こうとしています。

警戒するエミーでしたが、パーティで踊る日系人たちを眺めてようやく安心しました。

ボーエンの策略

風に当たろうとパーティ会場の外へ出たエミーの足元はおぼつきません。

グラスに何かを入れられたのでしょう。

意識を取り戻した時には、椅子に縛り付けられていました。

目の前にボーエンが座っています。

エミーが送った密告テープは、運悪くボーエンの知人に開封され、揉み消されていたのでした。

パーティは、日系人たちを収容所の端に集めるための策略でした。

反対の端で監禁されたエミーの叫び声は誰にも聞こえません。

ダサ軍人ボーエン

「君を信用したのに」「好きだったのに」とグズグズ言うボーエンは、電気が消えると過剰に反応します。

電気系統の修理に明け暮れるのはもううんざりだと言うのですが…おたくらの施設でしょ。

どうやらボーエンは呪いやら霊やらに怯えているようだと見抜いたエミーは、ゆうこの話を持ち出しました。

なぜエミーがゆうこのことを知っていたのか分かりませんが、「ゆうこは暗闇を好む」だとか出まかせもまじえた日本の幽霊話はボーエンに効いているみたいです。

日系人に対する罪悪感があるからでしょう。

「ゆうこに何をされたの?」と聞かれて口ごもるボーエン。実はたいしたことはされていません。

襟首つかまれてぶっ飛ばされただけ。

ただのビビり病です。

そうしている間にエミーは手首のロープをほどいていました。

この前は素人のケンに拳銃を奪われ縛り上げられたボーエン大佐。

今日は捕縛したつもりの女に椅子で殴られてダウン。

エミーは必死にボーエンの首を絞めています。まあ死んだでしょう。

チェスター結婚

一方チェスターは、ニューメキシコのルースの祖母の家に居候しています。

チェスターの立場は定かでなく、ルースの本心を分かっている家族があれこれ頼みごとをしてチェスターを引き留めているからなのですが…

やがてチェスターとルースは再び恋人同士に戻り、結婚することになりました。

チェスターは、ゆうこが追って来ていることに気付いていません。

ルースの父の行方とクランデラの呪術

そんな時、ルースのもとへ父親の行方が分からなくなっているとの知らせが入りました。

クランデラ(呪術師)でもある祖母は、父親が生きているのか死んでいるのか確かめる方法があると言います。

人は魂を残して死んでいくもので、死んでいる人となら呪術を用いて再会できる。生きていればその方法では会えないのだそう。

父の生存を信じるルースは、その話題を拒否しますが、チェスターには生死を知りたい相手がいます。

双子の弟ジロウです。

チェスターは、ゆうこがアメリカでホームレス暮らしをする中で生まれた子供で、名をタイゾウといいました。

ゆうこが貧しさからタイゾウを修道院へ預けた時にはジロウも一緒でしたが、チェスターの記憶にはなく、離れ離れになってからのことはすべて不明です。

全米の日系人収容所に問い合わせはしたものの発見できず、生きているのかどうかも分かりません。

ジロウとの再会

祖母の唱える呪文を聞くチェスターの心は、どこかの公園にいます。

子供のままのジロウが、ひとりで遊んでいて、チェスターが「タイゾウ」と名乗ると「お兄ちゃんの名前だ」と言いました。

「ボクが入院している間にどこかへ引き取られて行った」「お兄ちゃんは運が良かった」

そう話すジロウは、今も死んだことに気付いていません。

病弱で遊び相手も少なく、野球などとてもできないと言うジロウを、チェスターは「やってみよう」と誘います。

ジロウはもう死んでいましたが、兄弟の再会は叶い、ジロウにはキャッチボールの思い出が出来ました。

ゆうこジロウを誘拐

…でも

呪術のために灯された蝋燭の炎に囲まれたチェスターが突然「私がお母さんよ」と言い出します。

ゆうこでした。

ゆうこもジロウを探していたのです。

「私たちの完璧な世界へ行きましょう」

そう言うとゆうこはジロウをきつく抱きしめ、ふたりで砂地獄へ落ちて行きます。

砂の下にはいつかの日本庭園が。

ジロウはゆうこにつかまりました。

チェスターの告白

一体なにがあったのか。

術の解けたチェスターにルースと祖母が問います。

チェスターは、死んだはずの実の母ゆうこが自分にとり憑いていたことを打ち明けました。

ルースもゆうこを知っています。

助産師として何くれとなく面倒を見てくれたゆうこの目的は何だったのか、そして、ゆうこが父を殺したのか。

結婚式の写真を見ると、マリアを映したはずの写真がぼやけています。

ゆうこが乗り移った人に起きる現象です。

マリアの家に駆け付けたチェスターが見つけたのは、子供服を手に死んでいるマリアでした。

子供服の胸には四つ花菱の紋が染められています。

ルースにはゆうこの狙いが分かりました。

その時ルースはチェスターの子を妊娠していたのです。

 

何故この人を死なせたの?

第8話が終わって相関図はこうなりました

点線囲みは死んだ人。赤線は血縁です。

ルースの父親は死んでいないかもしれません。

ボーエンは死んだことにしておきます。

 

ザテラーシーズン2不名誉インファミー登場人物相関図第8話

テラ2インファミー第8話の感想など

妊娠中のルースを置いて、悪霊がついて来るか確かめるためにガダルカナルに行ったと思うと、今度はルースのおばあちゃんちまで巻き込むチェスターすげえ。

ヤマトさんの焼却作戦でゆうこは消えたと信じていたから仕方がないとはいえ、ルース父の行方不明騒ぎの真っ最中にジロウを探したいと言いだしたりとかさ…

ゆうこの能力もいまいち分かりません。

ガダルカナルに行った時には、兵士を操ってバッグで運んでもらっていました。

空間を自由に移動することはできない?

そしてジロウを探し出すこともできなかったみたいです。

どちらも死んでいたなら簡単に会えそうなもんですが…冥界って案外不便なのね。

なぜマリアを殺す必要があったのかも疑問…

無関係な人を殺しすぎて理解しようともされなくなってるゆうこは、ザテラ界のイスラム原理主義のようなものか。

穏健派の怨霊もゆうこには迷惑してるんだろうなーと想像がつくところも含めて。

その前にマリアって誰?

検索しても「Dona Maria」(マリア夫人)と書いてあるサイトしか発見できず…ルースのおばあちゃんの姉か妹かな?と思っていますが…

日系人関連作品情報

戦中から戦後の日系人社会を扱ったドラマ作品「二つの祖国」がアマゾンプライム作品に入りました。

プライム会員の方は無料で見られます。

原作は山崎豊子の同名小説。2019年春にテレビ東京で制作されたものです。

前後編で全部で4時間弱。

日系人の収容所については、二つの祖国のほうが詳細です。

他にも

  • テラ2にも出て来る収容所での意識調査がどれだけ日系人を悩ませたのか
  • タイミングのいたずらで日本軍と米軍に分かれた兄弟の戦場での悲劇
  • 東京裁判での日系語学兵の仕事と立場
  • 広島で被爆した日系人がアメリカに対して思うこと

などなど

政治のうねりの中でアイデンティティに苦悩せざるを得ない移民の悲しみがよく分かる作品です。

原作本の方がよりおすすめですが、とりあえずプライムなのでドラマをぜひ!