ザ・テラー S2インファミー不名誉第2話あらすじとユウコと島の日系人の謎-一世の共有する秘密がある?

AMCの「ザ・テラー」シリーズは、謎めいた実話を題材に独自の物語を展開するアンソロジーです。

シーズン1は、19世紀の北極探検隊の大遭難事件をもとに創作された物語でした。

シーズン1に関する記事はこちらから

ザ・テラー シーズン1
「ザ・テラー シーズン1」の記事一覧です。

シーズン2は、第二次世界大戦時、アメリカに設置された日系人の収容所での出来事を描いたもので、「インファミー(不名誉)」とサブタイトルがつけられています。

ではザテラー シーズン2インファミー~不名誉第2話「悪魔はまだ地獄にいる」のあらすじを。

前回までのザ・テラーS2不名誉

日系人の多く暮らすカリフォルニア州ターミナル島では、マサヨが自殺してから奇妙な出来事が続いています。

マサヨの夫ヒデオは突然失明。

ほどなくして缶詰工場の白人従業員が不審死をとげました。

そんな折、真珠湾攻撃が決行され、日米は開戦。

日系アメリカ人は難しい立場に立たされます。

第1話の詳細はこちらに

ザ・テラー S2インファミー不名誉第1話ネタバレ有と無のあらすじ
AMCの「ザ・テラー」シリーズは、謎めいた実話を題材に独自の物語を展開するアンソロジーになりました。 なのでシーズン1とシーズン2の話につながりはありませ...

ザ・テラーS2不名誉第2話「悪魔はまだ地獄にいる」ネタバレ無のあらすじ

第1話終了時点での登場人物相関図

ザテラー-シーズン2-インファミー不名誉第1話登場人物相関図

第2話終了時点の相関図は↓に
4 ザテラー シーズン2不名誉第2話「悪魔はまだ地獄にいる」時点の登場人物相関図

各登場人物の詳細はこちらに

ザ・テラー シーズン2「インファミー不名誉」の登場人物相関図
「ザ・テラー」のシーズン2インファミーの配信が始まりました。 「ザテラー」シリーズは、歴史上のミステリアスな出来事を独自にアレンジしてドラマ化するアンソロ...

S2第二話での登場人物の居場所

ヘンリー・ナカガワ(チェスターの父)、ヒデオ・フルヤ(自殺したマサヨの夫、トシロウの父、失明の人)、ヤマトさん(爺ちゃん)

→FBIに連行されて拘束されたまま

他の日系人
ウィルソン・ヨシダ(エミ―、ウォルトの父)はFBIに連れて行かれずこっちにいる

→2話冒頭でターミナル島から立ち退くよう命じられカルフォルニア州のホテルへ
→その後汚い臨時収容所へ(たぶんカルフォルニア)

S2第二話あらすじネタバレ無し版

太平洋戦争がはじまると、日系人はターミナル島から立ち退くよう命じられます。

身を寄せたホテルでウィルソン・ヨシダが一人の女性をじっと見ていますが、声はかけません。

ウィルソンが見ていたのは洋装のユウコです。

FBIの拘置所では失明したヒデオ・フルヤが「女の顔だけが見える」と話しています。

「私を覚えているでしょう」その女はそう言うのだそうです。

ヒデオが見ているのもユウコですが、ヒデオは彼女を知らないと言っています。

ヤマトさんは、一緒に拘束されているニック・オカダは化け物だとヘンリー・ナカガワに注意を促しました。

オカダと関わった日系人はすぐにどこかへ消えてしまうのだそうです。

チェスター・ナカガワは、恋人ルース・オヘダが堕胎薬を飲まず、今も子供を宿したままでいるのを知りました。

ルースはメキシコ系移民の娘ですが、日本の血の入った子供は、産まれれば収容所へ入れられてしまいます。

ザ・テラーS2不名誉第2話「悪魔はまだ地獄にいる」ネタバレ版

以下はネタバレです。

読みたい人はタップで開いてください。

 

ネタバレを読む

ウィルソンの見るユウコ

ターミナル島を追い出された日系人でごった返すホテルで、ウィルソン・ヨシダが何かをじっと見ています。

視線の先に立つのは洋装のユウコです。

ウィルソンの表情には驚きと恐怖が見て取れますが、ユウコを見たことを誰にも言いません。

目の見えないヒデオの見るユウコ

真珠湾攻撃の後にFBIに連行された男たちの拘置されているノースダコタでは、ヒデオ・フルヤが「失明したのに女の顔が見える」と訴えています。

関西風のアクセントで「覚えているでしょう。私のこと」と繰り返すその女は、島で一度見たことがあるけれども知らない女だとヒデオは言います。

ヒデオが見ているのもユウコです。

ヒデオは、島でユウコとすれ違った直後に突然失明していて、その時の女性だと気付いてはいるのですが、それが誰なのかは分からないようです。

チェスターの撮った見えないユウコ

チェスター・ナカガワは、娼館で撮ったユウコの写真の異常が気になっています。

その写真のユウコは、顏の部分だけがブレたようにぼやけて映っていません。

マサヨの葬儀で撮った写真にも同じように顔だけがブレた人物がいました。それが誰なのかは不明です。

チェスターの大学の教授ヘンコフはそれらの写真を

「私の恩師なら手ブレだと言う。母なら撮ってはならないものだと言う。私としては君の動揺が写真に写り込んだと判断する」

と鑑定しました。

チェスターは、娼館へユウコを訪ねることにします。

しかし女主人アントワネットは、「ユウコという子はいない。もう何年も日本人は雇っていない」と言うのでした。

トシロウに話しかけるユウコ

本土のホテルで過ごす日系人の収容所への送致が決まりました。

送られたのは、随分古く汚い場所です。

部屋らしきものはありますがドアはなく、壁も天井もシミだらけです。

建物のあちこちに干し草が積まれていて、元は馬屋か何かだったように見えます。

母マサヨは自殺し、父ヒデオはFBIに連れて行かれたトシロウ・フルヤは、懇意にしていたナカガワ、ヨシダ両家と一緒に行動していますが、突然孤児になったかのような状況に悄然としています。

そんなトシロウは、収容所でユウコと出会いました。

トシロウの顔をじっと見て「お母さん似やねえ」と言うユウコの声に邪気はありませんが、トシロウはどこか異様なこの女性を怪訝な表情で眺めるばかりで返事をしません。

誰もが疲弊しきった様子の収容所で、ひとり涼しい顔でいるユウコの爪はひどく汚れています。まるで土いじりをした後のよう…

堕胎薬を飲んでいなかったルース

チェスターは、駆け落ちの誘いを断わられたきり連絡を取っていなかったルースに偶然再会します。

ルースは、マサヨの作った堕胎薬を飲んでいませんでした。

チェスターの子は、まだルースのお腹の中にいます。

子を産もうとするルースを父親は許さず、母親はルースを産むときに死んでいます。

ルースは、教会の医療施設に住み込みで働き、そこで子を産み育てると決めたのでした。

でも、病院へも軍人がやって来て日系の子供を連れて行きます。

たとえ乳児でも日本の血が入っていれば収容所へ…

ルースはメキシコ系ですが、生まれてくる子の父親は日系人のチェスターです。

生まれれば強制的に収容所へ連れて行かれるでしょう。

チェスターとルースの逃亡

どこかほかの州へ移るほかないと考えたチェスターは、ルースと二人でヘンコフ教授の家に逃げ込みました。

サンタフェに暮らすヘンコフの知人のところへ行けば…と相談しているところへFBIが入って来ます。

チェスターを見かけた隣人が通報したのでしょう。

チェスターが、ルースとは結婚していないと説明すると、FBIはチェスター一人を連行しようとしますが、ルースはトランクを抱えて後を追ってきます。

「お腹の子には日本の血が流れている」

ルースは大きいお腹で日系人収容所に入る道を選びました。

ニック・オカダの正体

FBIの拘置所では、ヤマトさんとヘンリー、ヒデオが釣り道具を持たされ、トラックの荷台に乗せられます。

先日ヘンリーが結氷した湖で魚を釣り上げたことから、米兵らはまた魚を獲って来いと彼らを派遣したのでした。

乗り込んだトラックにはニック・オカダがいます。

日本人とアメリカ人のハーフで、ヤマトらはこの男を避けています。

「オカダと関わった日系人は次々に姿を消す。オカダに近づくな」

ヤマトはそう言っています。

氷の湖の上で3人はオカダを取り囲み、「イマムラやナカムラをどこへやったのだ」と問いただしました。

オカダがしらを切ろうとすると、3人は一斉ににオカダの周囲へツルハシを突き立てます。

足元の氷にメリメリとヒビが入り、オカダは「自分は司法省に買われて日系人のスパイを探していた」と白状しました。

でもスパイは発見できず、無実の日系人を米国に売り渡していたのでした。

元々グリチャックの不審死もあり、ヘンリーはアメリカ側から疑われていました。

魚を釣れと言うのは口実で、オカダにヘンリーと親しい者を探る機会を与えるのが目的だったのでしょう。

「自分の民族を裏切った」と、ヒデオはひときわ高くつるはしを振り上げますが、ヘンリーが「俺たちが罰することはない。この地の霊に任せよう」と言ってそれを制します。

オカダをひび割れた氷の上に残して、3人は遠くへ行ってしまいます。

ウィルソンの死

収容所ではウィルソンがまたユウコを見ます。

近寄って来る彼女にウィルソンは「ユウコさん?どうやって…」と問い、返事を待たずにチェスターに「逃げろ」と叫びます。

そこにはウィルソンの長男ウォルトもいましたが、ウィルソンが逃げるよう指示したのはチェスターでした。

チェスターの元へ駆け寄ろうとするウィルソンは、見えない何かに突き飛ばされて倒れ、立ち上がるとふいに米兵を殴りつけて銃を奪いました。

誰を撃とうとしているのか…銃を構えたまま何かに向かって歩いて行きます。

すぐに別の米兵がそれに気付いて銃を向けますが、ウィルソンは依然として銃を構えたまま、ますます米兵たちのほうへ。

じりじりと近づいてくるウィルソンに米兵らは発砲します。

「Go…」

ウィルソンの最後の言葉は、チェスターに逃げろと伝えるものでした。

横で見ていたユウコの額から、なぜかべったりと血が流れています。

もちろんユウコに痛みを感じているふうはありません。

チェスターの周りの悪霊?

何がウィルソンを狂わせたのか誰にも分かりません。

ただウォルトは、ウィルソンがチェスターに「逃げろ」と言うのを聞いています。

ウィルソンの妻フミが「あなたの周りには悪霊がいる」と言って、チェスターを遠ざけようとするのを止めはしませんでした。

オレゴンの収容所へ

ザテラーシーズン2不名誉地図

日系人たちはまたバスに乗せられ、別の収容所へ移されます。

着いたのはオレゴン州のコレナス・デ・オロ収容所。

これまでいたところよりはマシな場所に見えますが、見張りのために設置されたやぐらが物々しい雰囲気です。

 

ザテラー シーズン2不名誉第2話「悪魔はまだ地獄にいる」時点の登場人物相関図

2話で相関図はこう変わりました。

点線枠は死んだ人。

ザテラーシーズン2不名誉登場人物相関図2話

 

ザテラー シーズン2不名誉第2話までの謎を整理

一世の秘密

ターミナル島の日系一世たちは、何かの秘密を共有しているように見えます。

それも二世世代が生まれるよりずっと前、日本にいた頃のことです。

第1話のマサヨさんの葬儀中、アサコが「日本からの悪い兆し…」と言い出した時、夫ヘンリーは「何十年もたって、こんなに離れているのに」と答えています。

今度はウィルソンがユウコを見て不可解な行動を取りました。

そして島の日系人にもユウコにもかすかに関西風の訛りがあります。

1話までで日本時代に起きた出来事とユウコが関わっているであろうことは想像がつくのですが、2話ではウィルソンの言動から、それは特にチェスターに関係することで、ウィルソンの長男ウォルトとは関係が薄いことが分かりました。

秘密を知る人知らない人

その「何か」をヘンリーとウィルソン、その妻アサコとフミは知っているように見えます。

失明したヒデオは、意外にもユウコを知らないと言っています(真偽はまだ不明です)

でもヒデオの妻マサヨの自殺自体が、原因不明です。

チェスターは堕胎薬を作ったからだと考えていますが、はっきりしたことは分かっていません。

ユウコが現れるようになったのはマサヨの自殺以降のことで、何か関係があるように感じられます。

マサヨとユウコとの間には何かがあったけれどもヒデオはそれを知らないのかもしれません。

ヤマトさんは、ヘンリーたちよりも先にアメリカに渡って来ているので、何も知らない可能性も充分あります。

ユウコの目的は何か

ユウコが怪奇現象を起こしていると仮定した場合、島の日系人を恨んでいてのことのように感じられます。

でも、だとするとなぜ、缶詰工場の白人仲買人グリチャックを死なせたのでしょう。

そう単純なことではなく、もっと複雑な事情か策略があるのかもしれません。

第3話はこちらに

ザ・テラー S2不名誉第3話あらすじと「天女」のニュアンスなど
AMCの「ザ・テラー」シリーズは、謎めいた実話を題材に独自の物語を展開するアンソロジーです。 なのでシーズン1とシーズン2はつながっていません。それぞれ独...

せっかくテラーシリーズと縁があったのですからぜひシーズン1を見てください

テラーシーズン2もまあまあですが、2話終わりまでを1話に入れることはできなかったのかな?

もうちょっとハイペースで進んでくれると見るのが楽な気が…

傑作シーズン1と比べるのも酷な話ですが…

いずれにしろテラーは毎週1話ずつの公開なので、合間にシーズン1を見るのをおすすめします。

ドラマ「チェルノブイリ」の日本公開を楽しみにしている人は多いと思いますが、チェルノブイリの主役ジャレッド・ハリスは、ザ・テラー シーズン1の主役でもあります。

シーズン1もアマゾンプライム対象作品です。

プライム会員さんなら無料で見られます。