ローマ

ローマ

ドラマ「ローマ」プッロとヴォレヌスの行為とその結果を比較考察

大河ドラマとメロドラマとコンビものドラマを同時に見られるHBOドラマ「ローマ」コンビ物パートは、生真面目なヴォレヌスと型破りなプッロのふたりの兵士の友情をベースに進行します。一見、次々にトラブルを起こすプッロがヴォレヌスを困らせてばかりいるように見えますが、融通の利かない堅物ヴォレヌスの起こす問題は深刻な事態を招きやすく、こっちはこっちでかなり…タイタス・プッロとルキウス・ヴォレヌス。それぞれの行為と結果をまとめてみました。
ローマ

ドラマ「ローマ」登場人物と相関図

ドラマ「ローマ」の登場人物です(映画のローマではなく)多くが実在の人物ですが、アヴェンティヌスの住人、ルキウスやプッロたちのパートは創作なので架空の人物です。軍人・政治家ポンペイウス派カエサル蜂起によるローマ内戦でポンペイウスのもとについた人物、ポンペイウス側とされる人物です。ポンペイウス第一回三頭政治の頭のひとりで、コンスル(執政官)本来は軍事の天才だった。カト元老院議員セルウィリアの異父弟。カエサルをよく思わず、ガリア戦争が終わるとすぐにポンペイウスにカエサルを倒す計画を持ち掛ける。