カ行のドラマ

キャッスルロック

「キャッスルロック」シーズン1第4話あらすじ-デジャルダンの容疑とパングボーンの語る真相

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ヘンリーは、失踪に関係する古い新聞記事を洗いなおします。ひとつ、ヘンリーの知らない名前がありました。「デジャルダン容疑を否定」ビンス・デジャルダンは、キャッスルレイク近くの森の中の家に暮らす男で、ナチスと噂されていた人物だと、ヘンリーは母親から聞きます。デジャルダンという男が自分の失踪と関係あるのか。母はそれ以上デジャルダンについて何も話しません。
キャッスルロック

「キャッスルロック」シーズン1第3話あらすじ-ヘンリーの父を殺したのは誰

ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります。あらすじ: 放送中、キャッスルロックの未来を語るはずだったモリーは冷静さを失い、突然ショーシャンク刑務所に不当に拘束されている青年がいると暴露します。番組出演は台無しになり、青年の件の公表はあまりに性急でしたが、ショーシャンク刑務所の隠蔽工作は不可能になり、ヘンリーは正式に青年と面会します。刑務所では30万ドルの和解金と秘密保持契約を提案しています。でもヘンリーはあくまで損害賠償を請求し、青年に大金を与えるつもりです。ついては誰にも何も話すなとアドバイスを受けた青年は、面会の終わりになぜかヘンリーの年齢をたずねます。
キャッスルロック

「キャッスルロック」シーズン1第2話あらすじ-所長の閉じ込めた悪魔

ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります。ヘンリーは、謎の青年の調査のため自殺した所長デイル・レイシーの家を訪問します。盲目の未亡人は、刑務所を告発する側だと名乗る弁護士ヘンリーを招き入れ、レイシーの書斎へ案内します。レイシーのデスクには過去のキャッスルロックの忌まわしい事件の資料がたくさん保管されています。呪われた町と呼ばれるキャッスルロックでは、不気味な事件がたくさん起きています。黒人ヘンリーは、白人の夫婦の養子で、養父は牧師でした。キャッスルロックでは、「ヘンリー・ディーヴァーは多くの人に慕われていた牧師を殺した養子の黒人」と認識され、忌み嫌われているのです。
キャッスルロック

「キャッスルロック」シーズン1第1話あらすじ-刑務所地下牢の青年

スティーブン・キングとJ・J・エイブラムスが製作総指揮にあたる「キャッスルロック」は、全10話のドラマ作品です。タイトルの通り、キング作品のいつもの町キャッスルロックで起きる不可解な事件を描いたドラマで、物語はショーシャンク刑務所から始まります。シーズン1第1話のあらすじを紹介します。ショーシャンク刑務所早期退職の朝自殺した所長
孤高のメス

「孤高のメス」WOWOWドラマ第3話あらすじ感想と生体肝移植に対する各人のスタンス

ベストセラー小説「孤高のメス」をWOWOWドラマ、第3話では7歳の少年への肝移植手術が決まります。あらすじや感想とともに、現時点での各キャラクターの今回の手術に対するスタンスをまとめています。
孤高のメス

「孤高のメス」WOWOWドラマ第2話あらすじ感想など 当麻と実川のリアリティ

WOWOWドラマ孤高のメス第2回のあらすじなど。当麻は、学会で実川剛さねかわごうと出会います。甦生病院に新しく入った腕の立つ医師当麻の噂は、実川のいる近江病院にも届いていて、実川は、自身と同様アメリカで肝移植を学んで帰国したという当麻に関心がありました。すぐにでも肝移植を実施に移したいと考えている実川は、実力のある当麻と懇意になっておきたいようです。しかし当麻の目標は、あくまで「地方でも都会の大病院と同等の医療を受けられる体制を整えること」であり、肝移植は、その一部です。
孤高のメス

「孤高のメス」WOWOWドラマの登場人物とキャスト

WOWOWオリジナルドラマ「孤高のメス」の主要な登場人物のまとめです。各キャラクターの背景は原則的に最初に登場した時の情報だけを書いています。ネタバレなしです。
孤高のメス

「孤高のメス」WOWOWドラマ第1話あらすじと原作医師大鐘稔彦氏について

現役医師大鐘稔彦氏のベストセラー小説「孤高のメス」がWOWOWでドラマ化されています。放送は毎週日曜夜10:00から。WOWOWオンデマンドでも見ることができます。全8話のシリーズ第1話のあらすじを紹介します。