ア行の映画

南欧の映画

「おとなの事情」登場人物のダメージ度を集計して分かった秘密をバラしてはいけない理由

「おとなの事情」は、2016年のイタリア映画(パオロ・ジェノヴェーゼ監督)です。 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞作品賞と脚本賞、アメリカ・トライベッカ映画...
南欧の映画

いつだってやめられるVol.3-闘う教授たち登場人物あらすじ感想など

イタリア映画「いつだってやめられる」シリーズは、はじめに第1作「7人の危ない教授たち」が制作され、好評を後押しにシリーズ化されたものです。 2作目「いつだ...
南欧の映画

いつだってやめられるVol.2-10人の怒れる教授たち登場人物あらすじ感想など

イタリア映画「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」は、ピエトロひとりが罪をかぶって服役。他のメンバーはそれぞれの生活に戻ったように見える終わり方でした。...
南欧の映画

いつだってやめられるVol.1-7人の危ない教授たち登場人物あらすじ感想など

イタリア(2014年)の映画「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」は、低所得に困窮する7人の学者が新しい化合物を作って儲ける物語です。 出だし部分...
鬼平犯科帳

鬼平犯科帳劇場版の登場人物キャストとあらすじ感想など

「鬼平犯科帳」は池波正太郎の時代劇シリーズです。 何度も連続ドラマになった作品で、中村吉右衛門版は1995年に映画も制作されました。 鬼平犯科帳劇場...
東欧の映画

ウォーキング・ウィズ・エネミー ナチスになりすました男あらすじ感想など

第二次世界大戦終盤、ハンガリーでもホロコーストが起きていました。 「ウォーキング・ウィズ・エネミー ナチスになりすました男」は、ナチスの親衛隊に変装してユ...
北米の映画

映画エスケープ・ルーム(2017米)あらすじなど-人生は悪夢の脱出ゲーム?

映画エスケープ・ルームのあらすじと感想など。 「エスケープ・ルーム」というタイトルの映画は複数あり… 死刑囚が無罪放免を賭けて脱出に挑む2018年の...
北米の映画

アメリカン・スナイパー 戦争の勝敗や意味に関係なく兵士の犠牲は多大

「映画に出てくる米軍は弱い」という謎の持論をくつがえす作品「アメリカン・スナイパー」 弱くないですか?映画の米軍。 「プライベートライアン」とか「カ...
北米の映画

「イコライザー」静かに人の存在意義を問う作品と思ったらエンタメ映画だった

デンゼル・ワシントンの映画「イコライザー」 冒頭で「人生で最も大切な日は、生まれた日と生まれた理由を知る日である」というマーク・トウェインの言葉が出ます。...