ミスター・メルセデス シーズン1第9話「アイスクリームマン」あらすじ感想など

ミスター・メルセデス」は、スティーブン・キング原作ミステリー小説のドラマ化作品です。

ドラマ「ミスター・メルセデス」シーズン1各話のあらすじ感想などをまとめていきます。

今回は第9話「アイスクリームマン」です。

第8話はこちらに

ミスター・メルセデス シーズン1第8話「灰の中から」あらすじ感想など
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようになっています】第7話終了時点の登場人物相関図はこうでした。8話終了時の相関図は下の方に。夕食を作るデボラが、冷蔵庫にあるひき肉に気付きました。覚えのない肉ですが、まだ傷んではいないようです。作っていた炒め物と一緒に焼くと悪くありません。デボラは、地下室に籠っているブレイディを食事に呼びに行きました。ホッジスは、アイダの車で娘のアリーの入所している施設へ急ぎます。
スポンサーリンク




前回までの登場人物相関図

第8話終了時点で相関図はこうなっています。

タップで拡大してください。

Mrメルセデス8話登場人物相関図シーズン1

9話終了時の相関図は下の方にあります

それぞれの登場人物詳細とキャストはこちらに

ドラマ「ミスター・メルセデス」の登場人物・キャストと相関図
ドラマのMr.メルセデスの登場人物まとめです。ドラマと原作小説では名前の違う人、設定の違う人がいます。ここで解説するのはドラマのほうです。相関図はネタバレなし版とネタバレ版の両方を作っておきました。ビル・ホッジス演:ブレンダン・グリーソン正式な名はカーミット・ウィリアム・ホッジス友人はウィリアムの愛称「ビル」で呼ぶ。(原作では「ホッジズ」と表記されている)アイルランド系…というよりアイルランド人。子供の頃アメリカに移住した。45年警察に勤め41年を刑事として過ごした後退職したが、メルセデス事件の犯人を逮捕できなかったことが心残りでならない。離婚した妻との間に娘のアリーがいるが音信不通。酒好きで退職後かなり太ったが、もう何かと捨てているので気にしていない。レコード派なのは、こだわりなのか単なる周回遅れなのか不明。

ミスター・メルセデス第9話「アイスクリームマン」のあらすじネタバレなし版

ホリーは、オリヴィアの家でスプリームエレクトロニクスのショップカードを見つけました。

オリヴィアのPCを修理したのもこの店かもしれません。

ホッジスピートイジーが店を訪れ、ロビーからオリヴィアの担当者はブレイディというスタッフだと聞きます。

写真を見るとそれはアイスクリームマンでした。

ホッジスはブレイディの自宅へ急行しますが、ブレイディはドアのそばで耳をそばだてるだけで返事をしません。

同行した若い警官が「令状がないのにドアを破れば、抑えた証拠も無効になる」と言い、ホッジスは一旦家に帰ります。

その夜ロビーが帰宅すると、家の中にブレイディがいました。

ミスター・メルセデス第9話「アイスクリームマン」のあらすじネタバレ版

9話を詳細にネタバレしています。

ネタバレを読みたい人はタップしてください。

ネタバレを読む

地下室のブレイディ

ブレイディが、デボラの遺体の横で腹筋しています。

謎のワークアウト中に流れているBGMこれです。(試聴できます)

気が済むとまた地下へ降りて何かを作り始めました。

この時にブレイディがかける曲はこれ(試聴できます)

ホッジスの置物とホリー

ホリーがホッジスの家に来ます。

「返したいものが…」と言いながらバッグから出したのは、ブルドッグの置物

娘のアリーが「パパに似ている」と言って部屋に飾っていた置物で、この間その部屋に泊まったホリーも興味深げに眺めていたものです。

「盗んだのではない。持ち歩きたくてバッグに入れていてそのまま持って帰ってしまった」とホリーは言います。

「持っていると安心できた」「枕元に置くとよく眠れた」と話すホリーからその置物を受け取ることが出来ず、結局ホリーにあげることになりました。

オリヴィアの利用していた家電店スプリームエレクトロニクス

この日ホリーが持ってきたものが、もうひとつあります。

スプリームエレクトロニクスのショップカードです。

ホリーは、オリヴィアの家でそのカードを見つけたのでした。

オリヴィアは、ここでPCを買い、ここに修理を依頼していたに違いありません。

オリヴィア担当=アイスクリームマン=謎の車上荒らし

ホッジスピートイジーが店に赴いた時、ブレイディは、修理に出ているところでした。

オリヴィアの修理担当者を聞かれたロビーは、ブレイディの名前と住所を答えます。

自宅は、奇妙な車上荒らしの被害者ケネスの家の近くです。

そしてロビーの見せた写真は、アイスクリームマンでした。

 

ブレイディが修理のために店を出る時の曲はこれ(試聴できます)

ブレイディの居留守

ホッジスは、その足でブレイディ宅へ向かいます。

ノックに応答はありません。

ドアを破ろうとするホッジスですが、同行した若い警官がそれを止めました。

「違法な捜査をすれば押収した証拠が無効になる」と言われ、ホッジスも強行できません。

その時ブレイディは、家にいたのです。

デボラの遺体と話をしているところでした。

もちろん出てきません。

ドアの近くでホッジスの声を確かめているだけです。

そこへ近所のケネスが近づいてきます。

ホッジスとケネスは、以前に一度会っています。

車上荒らしの件でホッジスが事情を聞きに来たことがありました(6話)

ケネスは「母親はインディアナに引っ越した」と、先日(8話)ブレイディに聞いたままを教えます。

ブレイディの友人ルー

ホッジスは、ルーを探します。

ケネスが、ブレイディの唯一の友人としてルーの名前を覚えていたのでした。

「ブレイディはどんな奴だ」と聞かれたルーは、「この地球で一番いい奴」だと答えます。

でもルーは困惑しています。

ホッジスは、ブレイディが殺人事件に関わっているかもしれないと言っているのです。

「死んだオリヴィアは店の客だっただろう」と言われ、ルーの顔つきが変わります。

オリヴィアと言えばメルセデス事件に使われた車の持ち主です。

殺人とは、まさかメルセデス事件のことなのかと思わずにはいられません。

「ブレイディ自身も危険かもしれない」と聞いたルーは、「数日前、母親が狭心症の発作を起こしたと言っていて冷静ではなかった」と話しますが、「でも違うよ」と付け加えました。

ロビー宅に侵入するブレイディ

ロビーが家に帰ると、中に人の気配があります。

陰から出て来たのはブレイディでした。

「警察は何を聞きに来た」と問うブレイディですが、聞くまでもないことです。

質問は、ここへ来た本当の目的ではありません。

この犯罪慣れした態度、爆発したPC(2話)、刑事の口から出たオリヴィアの名…

ロビーは思わず尋ねます。

「お前はメルセデスキラーか?」

ブレイディは答えません。

代わりに、手にしていたハンマーでロビーの頭を殴りつけました。

ブレイディ宅包囲

夜になり、ようやく捜査令状が下りました。

SWATも出動します。

その頃ブレイディは、自宅のバスルームで身づくろいをしていました。

最後の動画メッセージを録画するためです。

 

身支度するブレイディのBGMはこの曲です(試聴できます)

邪悪なスマイリーフェイス

ブレイディは、出て来るよう呼びかける警察の声を2階のデボラの部屋で聞いています。

リモコンのボタンを押すと、外に停めてあるアイスクリームカーから音楽が流れ始めました。

SWATが車を取り囲み、一斉にマシンガンを撃ち込みます。

しかしドアを開けると中は無人。

あの邪悪なスマイリーフェイスが不気味な笑い声を立てるだけです。

突入と退避

メルセデスキラーは家の中!

SWATが突入しました。

ピートにイジー、ホッジスも銃を持って続きます。

地下室に入った隊員が足元に爆弾を発見し、「全員退避!」という号令が響き渡ります。

でも2階のホッジスは退きません。

ベッドの上に一組の男女が横たわっているのが見えているのです。

ピートが、ベッドを囲むようにセットされた導火線に気付きました。

それでもホッジスは「顔を確かめる」と言ってベッドへ近寄ろうとします。

その時、火の手がベッドを囲み、瞬く間に炎上。

男の顔は見えませんでした。

メルセデスキラーは死んだのか

炎が収まり、再び家に入れるようになったのは、日の昇る頃でした。

ベッドの二体は、どちらも黒焦げで顔が判別できる状態ではありません

「奴を仕留めた」と言うピートにホッジスは「かもな」とだけ答え、焼け焦げた男の顔をじっと見ています。

9話のスタッフロールはこの曲でした(試聴できます)

 

ミスター・メルセデスで使われてる曲リストはこちらに

ドラマ「ミスターメルセデス」の音楽-使用曲BGM挿入歌リスト
ドラマMr.メルセデスの中で使われている曲をまとめておきます。どの曲もアマゾンで試聴できます。第1話「嘲笑う男」使用曲S1E1ホッジス曲ピートの電話で起こされたホッジスが身支度している時にかけているレコードの曲A Well Respected Man by The KingsS1E1ブレイディ曲初登場時のブレイディが車で聴いている曲Pet Sematary by Ramones1話スタッフロール曲Laugh  by Hammer Damage第2話「ゲーム開始」使用曲

ミスターメルセデスシーズン1第9話までの登場人物相関図

9話時点での登場人物とそれぞれの関係はこうなりました。

相関図でネタバレしてしまうので、未見の人はあまりよく見ないほうがいいかも。

↓タップで拡大してください。

Mrメルセデス9話登場人物相関図

Mr.メルセデスS1第9話「アイスクリームマン」の感想など

ルーにとってブレイディは「いい奴」

ホッジスにブレイディのことを聞かれたルーが、迷わず「地球で一番いい奴」だと答えたのが印象的です。

思えばブレイディは、ルーには何もしていません。

ルーの前でも「変わった人」ではあったはずですが、ルーは偏見なく彼を見ていたのでしょう。

であれば、ルーがブレイディを悪く思う理由はひとつもありません。

ブレイディの最初の殺人は、いつだったのでしょう。

メルセデス事件かもしれませんが、弟のジェラルドかもしれません。

いずれにしてもこの時にはもう大勢を殺した後です。

そんな自分をいい奴と信じ、友人と思っている人がいることをブレイディは考えたことがあるでしょうか。

この日のルーの言葉を聞いたら、ブレイディはどう思うのでしょう。

 

「Mr.メルセデス」シーズン1は全10話。次で終わりです。

最終回10話はこちらに

ミスター・メルセデス シーズン1第10話最終回「勝者の囁き」あらすじ感想など
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようになっています】前回までの登場人物相関図はこうなっていました。最終的な相関図は下の方に。ブレイディの家の焼け焦げた遺体が本人だったのかどうか、まだ確定できていません。ロビーが出勤しないのを不審に思ったジョシュが警察を呼び、家を調べると、血を拭きとった跡が発見されました。ロビーの身長は、遺体と一致します。焼かれた遺体はロビーで、メルセデスキラーはまだ生きていると考えざるを得ません。美術館の着工式と同じ日に就職フェアも開催されます。その頃ブレイディは、爆弾を準備し、頭を丸めています。着工式と就職フェア。ブレイディはどちらを狙うのでしょう。