ミスター・メルセデス シーズン1第4話「堕ちた神々」あらすじ感想など

ミスター・メルセデス」は、スティーブン・キング原作ミステリー小説のドラマ化作品です。

ドラマ「ミスター・メルセデス」シーズン1各話のあらすじ感想などをまとめていきます。

今回は第4話「堕ちた神々」です。第3話はこちらに

ミスター・メルセデス シーズン1第3話「曇り時々騒乱」あらすじ感想など
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】スティーブン・キングのミステリー小説をドラマ化した「ミスターメルセデス」シーズン1第3話のあらすじと新たに出て来た謎などをまとめています。ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります。犯行に使われたベンツの持ち主オリヴィアの妹ジェイニーは、ミスターメルセデスを名乗る者から姉への手紙を発見していました。手紙に書かれているのは、大部分が…
スポンサーリンク




前回までの登場人物相関図

Mr.メルセデスS1第3話終了時点の登場人物相関図はこうでした。

タップで拡大してください。

ミスターメルセデス登場人物相関図シーズン1第3話

それぞれの登場人物についてはこちらに

ドラマ「ミスター・メルセデス」の登場人物・キャストと相関図
ドラマのMr.メルセデスの登場人物まとめです。ドラマと原作小説では名前の違う人、設定の違う人がいます。ここで解説するのはドラマのほうです。相関図はネタバレなし版とネタバレ版の両方を作っておきました。ビル・ホッジス演:ブレンダン・グリーソン正式な名はカーミット・ウィリアム・ホッジス友人はウィリアムの愛称「ビル」で呼ぶ。(原作では「ホッジズ」と表記されている)アイルランド系…というよりアイルランド人。子供の頃アメリカに移住した。45年警察に勤め41年を刑事として過ごした後退職したが、メルセデス事件の犯人を逮捕できなかったことが心残りでならない。離婚した妻との間に娘のアリーがいるが音信不通。酒好きで退職後かなり太ったが、もう何かと捨てているので気にしていない。レコード派なのは、こだわりなのか単なる周回遅れなのか不明。

ミスター・メルセデス第4話「堕ちた神々」のあらすじ

マッチョでレイシストでストーカー野郎のライアン

ライアン・スプリングヒルは、重症の差別主義者。

今日も「KKKなんとか…」と名付けられたサイトにアクセスしました。

その時裁判所から郵便が届きます。「接近禁止命令」

別れた妻との間のことでしょう。

ライアンはその決定に腹を立て、相手にメールを送ろうとしますが、タイプしているうちにモニターがスクランブルし、パソコンは動かなくなりました。

使っているPCは、先日スプリーム・エレクトロニクスに修理を依頼したものです。担当したのはルー・リンクラッター

(本当の姓はリンクレイターです。リンクラッターはライアンの間違い)

ライアンは、店に乗り込みます。

「直っていない」とがなりたてるライアンに、ルーは「基盤を換えるようすすめたけど換えなかったから」と答えますが、店長ロビーが「すぐに修理しなおします」と約束しました。

そのPCがブレイディにハッキングされていたことに、ライアンはまったく気づいていません。

もっとも、ルーもハッキングとは分からなかったようなので無理もありませんが。

 

朝ブレイディが聴いていた曲試聴できます。

ホッジスはオリヴィア宛ての手紙を分析

メルセデス事件に使われた車両のオーナー、オリヴィアは、事件後、犯人を名乗る人物から手紙を受け取っていました。

その後自殺したオリヴィアに代わり妹のジェイニーホッジスにそれを預けています。

ホッジスは、手紙を一文ごとに切り分けはじめました。

ふいにTVから不気味な笑い声が聞こえてきて、画面はメルセデス事件の惨状を映しています。

先日からホッジスは、TVがMr.Mの動画に乗っ取られるのを何度か体験しています。

 

手紙分析中のホッジスが聴いているレコードの曲。試聴できます

車の鍵を開ける方法

芝刈りの高校生ジェロームから電話が来ます。

ホッジスが今もメルセデス事件を追っていると知ったジェロームの父から苦情を受け、バイト契約は解消されているのですが、本人は、まだ事件の調査を手伝いたいようです。

電話の向こうのジェロームは、「キーを使わずに車を開ける方法が分かった」と言っています。

持ち主がリモコンでロックや開錠をするとき、100メートル以内の距離にいればその信号を盗むことは可能なのだそうです。

ホッジスは、記録課に異動している警察時代のの同僚マーロに「メルセデス事件前後の車上荒らしを調べてくれ」と頼みました。

 

ジェロームがホッジスの家に来た時のBGM。試聴できます

ブレイディのリモコン凶器完成?

ブレイディは、自宅地下で作ったリモコンで踏切の遮断機を思うままに操作するのに成功します。

貨物列車の通過中、降りている遮断機を上げただけです。誰にも危害を加えてはいませんし、誰にも知られていません。

今はまだ。

 

この↓下で、4話の終わりまでネタバレしています。

ネタバレを読みたい人はタップしてください。

ネタバレを読む

酷薄なオリヴィアと警察のいやがらせ

オリヴィアは、あまり人から良く思われるタイプの人ではなく、妹のジェイニーですら「愛してはいたけれども好きではなかった」と話しています。

ホッジスは、相棒のピートとふたりで何度も生前のオリヴィアに話を聞きに行っています。

なぜ盗まれたベンツに鍵をこじ開けた痕跡がないのか。

警察は、オリヴィアがキーを抜き忘れたと考えていましたが、オリヴィアは頑として認めず、「キーは抜いた」と同じ主張を繰り返していました。

話が平行線をたどる中、オリヴィアが「私の車はいつ返してもらえるの?」と聞いたことがありました。

車を使えず、レンタカーを借りる費用を負担しなければならないことに怒る気持ちは理解できないではありませんが、数十人の血にまみれた車に今後も乗ろうとする感覚には確かにゾッとします。

オリヴィアの態度に腹を立てていたピートは、マスコミにそれをリーク。

翌日の新聞には、オリヴィアが捜査協力そっちのけでベンツの返却を要求していると書かれました。一面です。

同僚たちとその新聞を広げ、「してやったり」と笑うピートとは対照的に、ホッジスは、複雑な表情ではいますが、諫めることはしていません。

ホッジスもオリヴィアを好きではありませんでした。

ジェロームとブレイディ

ジェロームがクラスメイトと何かを打合せしているカフェにブレイディが入って来ました。

会釈するジェロームに友人たちが「誰?」と聞き、ジェロームは「アイスクリーム屋さん」と答えます。

それだけのことで、高校生たちは違う話題に移っていますが、ブレイディは、そちらをちらちらと見ています。

自分が笑われたと思っているのかもしれません。

ジェラルドと父ノーマンの墓

ブレイディは、母デボラにつきあって墓地へ来ました。

年齢にそぐわない肩を露出したワンピースを着るデボラは、「お父さんの好きだった服」だと言っています。

墓標はふたつ。

片方はブレイディの弟ジェラルド(ジェリー)。4歳の時に事故死しています。

もう片方は父親のノーマン・ハーツフィールドの墓でした。

デボラは、ハイスクール時代からつきあっていたノーマンと結婚しましたが、ノーマンは、仕事中の事故で感電死してしまったのでした。

このところデボラの酒量は増え、今では家でジェラルドの幻覚を見るようになっています。

ブレイディの殺人

シュプリームエレクトロニクスにライアンが‘PCを取りに来ました。

ライアンは、いくつかイヤミ言ってから駐車場に停めた車で帰路につきます。

ブレイディの車がついて来るのに気付いていません。

前を走るライアンの車は赤信号で停まるでしょうか。それとも信号が変わる?

ブレイディはリモコンを操作します。

夜道に光る赤信号が青に変わり、ライアンは直進。左から来たトラックにぶつかって横転しました。

近寄ってライアンの顔を見るブレイディの目は、高揚に輝いています。

ライアンにはまだ息があるようで、何かを言おうとブレイディを見ていますが、声が出ません。

ブレイディが言います。

「見たことのある顔だ」

ブレイディが思い出すのは、弟のジェラルドでした。

家の階段の下で血を吐き倒れ、目だけで助けを求めていたジェラルドの。

弟はお菓子を喉に詰まらせて死んだのではなく、この事故で死んだのでしょうか。それともブレイディが今思い出しているのは、もっと前のことでしょうか。

どちらか、あるいは両方が、ブレイディの心の中だけにある記憶かもしれません。

記憶の中でブレイディーは、倒れるジェラルドの近くにぼんやりと立ち、やって来た母デボラも同じように、苦しむ息子を黙って見下ろしています。

シニア~な方々の惚れた腫れた系の話をばっさり省略しちゃったけど、いいですよね。

 

4話のエンディング曲これです(試聴できます)

 

ドラマ「ミスターメルセデス」使用楽曲リストはこちらに

ドラマ「ミスターメルセデス」の音楽-使用曲BGM挿入歌リスト
ドラマMr.メルセデスの中で使われている曲をまとめておきます。どの曲もアマゾンで試聴できます。第1話「嘲笑う男」使用曲S1E1ホッジス曲ピートの電話で起こされたホッジスが身支度している時にかけているレコードの曲A Well Respected Man by The KingsS1E1ブレイディ曲初登場時のブレイディが車で聴いている曲Pet Sematary by Ramones1話スタッフロール曲Laugh  by Hammer Damage第2話「ゲーム開始」使用曲

ミスターメルセデスシーズン1第4話までの登場人物相関図

4話時点での登場人物とそれぞれの関係はこうなりました。

ライアンが物語に関わったことと、ホッジスとジェイニーの関係が協力関係から恋愛関係に発展したのが大きな変化です。

↓タップで拡大してください。

登場人物相関図シーズン1第4話ミスターメルセデス

Mr.メルセデスS1第4話「堕ちた神々」の感想など

ルーとブレイディ

ルーは、客や店長に対しても胸中と違う態度で接することが出来ず、毎日のようにトラブルを起こしています。

ルーの反抗や敵愾心は、目に見える形で発現するので周囲は手を焼きますが、見えないところで他者を攻撃することはありません。

ブレイディは逆です。

何を言われても怒りをあらわにすることは滅多になく、柳に風です。

ライアンがブレイディを侮辱した時にも、何も言わずに受け流していました。

ルーは、そんなブレイディを「すごい」と言います。私も、ブレイディが殺人ツールを作っていることを知らなかったらそう思ったでしょう。

ブレイディは、内心の憤りや憎しみをあの地下室で解放させ、いつか社会に復讐する日を夢見ているからこそ、外ではケンカをせずにいられるだけです。

現実の世界でも社会への恨みを晴らすような犯行は時々起こります。

子供が学ばなければならないことは、たくさんたくさんありますが、自身の怒りに健康的に対処する方法は、必ず身につけておくべきスキルですね。

ブレイディには、それを教えてくれる大人がいませんでした。

ミスターメルセデスS1第4話の状況を整理

ジェラルドはいつどうやって死んだのか

第4話ではジェラルドの死に謎が浮上しました。

前回の第3話には、ジェラルドがりんごをのどに詰まらせる場面があり、あの時に死んだように感じられましたが、死ぬところまでは出ていませんでした。

今回、ブレイディが思い出していた瀕死のジェラルドは、階段の下で仰向けに横たわり、口からは血を流していました。

近くにおもちゃのバスのようなものが落ちていて、あれを追って階段を落ちたように見えます。

異常なのは、それを見るブレイディと母デボラの態度です。

助け起こそうともせず、ジェラルドの窮地を黙って眺めている母と兄は、本当に本当におかしい。

ジェラルドの死の真相は、今回で逆に深まりました。

ブレイディはオデルに関心を?

ブレイディが、ジェロームの犬オデルを知っていて何かを考えついたように見えることが気がかりです。

ブレイディは、ホームセンターで駆除剤を買おうとしてやめてもいます。

おそらく鼠などの駆除剤と思うのですが、ブレイディが「買うところを知り合いに見られたらまずい毒」という認識でいたのは確かです。

ブレイディは、毒を盛るというアナログな計画も持っていることになります。

まさかオデ…

考えたくないですよね。やめときましょう。

 

第5話はこちらに

ミスター・メルセデス シーズン1第5話「スーサイド・アワー」あらすじ感想など
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ドラマ「ミスター・メルセデス」シーズン1各話のあらすじ感想などをまとめていきます。今回は第5話。ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります。ホッジスがジェイニーの家から朝帰りすると、自宅のレコードプレイヤーが回っています。キッチンには切り分けられたリンゴが。庭に設置した防犯カメラには朝方に近くに停まった車が映っています。誰かが夕べこの家に入ったようです。考えられるとすればMr. Mしかいません。