いだてん東京オリムピック噺7話あらすじ感想と見逃した時の対処法など

2019年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)

第7話「おかしな二人」のあらすじを紹介します。

ネタバレしています。

いだてん4話から10話は見逃し配信されません。

ここで補完してください
いだてん4~10話オンデマンド配信停止回のあらすじ




いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)第7話「おかしな二人」あらすじ

前回までのいだてん

初の五輪出場。日本には意外に有望な選手がいます。

予選で世界記録を出した韋駄天金栗四三いだてんかなくりしそうと、スポーツの申し子三島弥彦みしまやひこです。

ところがふたりとも出場を辞退。

五輪への道は断たれるかと思われましたが、四三は嘉納治五郎かのうじごろうの熱意を袖にすることができず、自費での参加を承諾しました。

実家熊本の兄に無心する額は1,800円。

助教授可児かにの年収が700円程度の時代です。

心理作戦で弥彦を落とす治五郎

短距離走で目覚ましい記録を持つ弥彦は、財閥の次男であり、費用の心配はありませんが、家名が邪魔しています。

スポーツが軽視される時代のことで、弥彦の母と兄は、オリンピックに出ることを「家名を汚すこと」と考えているのです。

でも弥彦が本心では出場を望んでいることを知っている治五郎は、心理作戦に出ます。

「君のタイムは素晴らしいが世界記録には及ばない」「三島は予選の正式な出場選手ではなく記録とは言えない」「タイムの正確性にも疑問がある」

そんな声が大日本体育協会に届いていると聞かされ、生来闘争心の強い弥彦は黙っていられません。

はい。

三島弥彦は、ストックホルムオリンピックに出場しています。

渡欧費用捻出

実家熊本では

四三の手紙を受け取った熊本では、三島家とは逆に四三の快挙を喜び、実次さねつぐは、なんとしても外国へ行かせてやろうと考えます。

…が、

農家にそんな大金はありません。

田畑を売れば一家は生活ができず、守り刀を売ろうにも、その刀を持っていた父親が早死にしていてなんとも…

春野医師に借金を願い出ますが、春野にも難しい金額です。

話を聞いていた春野の娘スヤが、「池部さんなら…」と提案しました。

池部とは玉名の庄屋さん。

きっとお金はあるでしょう。

でも春野医師は、その名を出すスヤに「いいのかい?」と尋ねています。

スヤには池部家との縁談が持ち上がっています。

学友は道理を説く

日本代表として海外へ派遣される四三が、その費用を負担することに師範学校の級友たちは納得できません。

確かにおかしい…

本来三島弥彦だって自費で参加するというのはおかしな話です。

美川から「もう一度交渉するべきだ」と強く言われる四三でしたが、日本体育協会には資金がなく、治五郎個人は、辛亥革命で国費の仕送りの途絶えた清国からの留学生の学費を負担するために莫大な借金を負っています。

勝海舟の名入りジャケット

いだてん-勝海舟

隅田川沿いに建つ勝海舟像

実家の金策を心配する四三の胸の内を知ってか知らずか、治五郎は勝海舟から贈られた背広を質に入れ、四三を三越へやります。

背広を質入れしたお金で背広とフロックコートが作れました。

「勝海舟」の刺繍の威力すげぇ。

引率者の椅子はふたつ

ストックホルムへの引率者はふたりと決まり、可児と肋木の永井教授は、自分たちふたりが選ばれるものと期待しています。

永井は、北欧の寒さに備え新しい外套をオーダー。

でも治五郎が指名した「ふたり」は、大森兵蔵ひょうぞうとアメリカ人妻安仁子でした。

英会話と西洋のマナーの特訓

弥彦は洋食のテーブルマナーも心得ていますが、四三は違います。

ナイフやフォークを持ったことがあるのかどうか…

四三は三島家で特訓を受けることになりました。

安仁子も、弥彦の母和歌子も、西洋の習慣から少しでも外れることは許さないという姿勢です。

音を立ててスープをすすることはもちろん、出される料理に「いただきます」と言うことも注意されます。

英語に「いただきます」という言葉はなく、テーブルで一番目上の者が手を付けるのを待って食べ始めるのがマナーだと。

すっかりうなだれて三島の邸を出る四三をメイドのシマがおにぎりを持って追ってきます。

ほとんど食べていない四三に持たせてやれと弥彦が頼んだのでした。

シマは、「いただきます」の言葉がうれしかったと言います。

いだてん7話の感想など

四三は、世界記録を上回る記録を出したランナーです。

現代ならスポンサーの申し出が殺到して選ぶのに困るくらいだと思いますが、日本人が「スポーツ」という言葉すら知らなかった頃ではそうは行かず、そうした意味では先駆者金栗は不遇な選手でした。

7話では、四三と弥彦の対照的な境遇が浮き彫りになります。

家族は応援してくれるけどれも金銭的には恵まれず、走るために本や服を売らなければならない四三に対し、お金の心配などしたこともない弥彦の優れた身体能力は、三島家ではまるで評価されず、五輪出場は冷ややかな目で見られています。

ピアノを習い、写真に凝り、毎日ディナーでコース料理。

正直なところ、あれをうらやましいとは感じませんが、田畑を売るのも困りますし、嘉納家の十万の借金も困ります。

財政状況と幸福度は正比例ではなく、適度な資産額というのがあるものだなーと。

私の父は「少し足りないくらいの金を持っているのが一番幸せ」と言っていました。

…乃木さんと会えるのだとしたらそこだけ弥彦が羨ましいな。

「破れた服は着ちゃいけないが、つぎを当てた服を着るのは少しも恥じゃない」

幼少期の昭和天皇にそう言って聞かせていた乃木将軍。

四三と乃木さんは、ほとんど話をしませんでしたが、きっと乃木さんは四三のような青年を好きでしょう。

大河ドラマを見逃してしまったら

「いだてん」再放送

まずは再放送を抑えましょう。

再放送は土曜の13:05 – 13:50です。

実質無料の見逃し配信

NHKオンデマンドで見逃し配信もしています。

見逃し配信は月額972円ですが、U-NEXTの特定URLを経由して視聴を申し込むとU-NEXTから1,000ポイントが支給されるので、NHKオンデマンドは実質一か月無料になります。

初回のご利用ならU-NEXTの利用料も1ヶ月無料です。

いだてん見逃し配信は無料で見られます。

申し込むURLが違うと1,000ポイントがもらえないので気を付けてください。

1,000ptはこちらから NHKオンデマンド×U-NEXT

現在いだてん4話から10話は配信を停止しています。

4話,5話,6話,7話,8話,9話,10話のあらすじはこちらで補完してください。

いだてんNHKオンデマンド配信停止回4話~10話

いだてん8話はこちらに

いだてん東京オリムピック噺8話あらすじ感想と見逃した時の対処法など
四三の兄実次が上京します。用立てできたストックホルムへの渡航費1,800円を持ってきたのです。そのお金は、春野スヤの嫁ぎ先になる庄屋池部の家から譲り受けたものでした。…あれを、譲り受けたと言うべきか借り受けたと言うべきか迷いますが…池部の母がスヤの顔を立て、金栗家の田畑を買った上で、タダでその田を貸してくれるという話に決まったのです。同時に師範学校の学友は四三の後援会を作り、全国から寄付を集めていました。その額は1,500円。相談の結果、寄付として集まった1,500円を渡航費にあて、実次は300円を負担することになりました。

本作品の配信情報は2019年3月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各VODサービスのホームページもしくはアプリをご確認ください。