「chance!」(チャンス!)シーズン1の登場人物と診療記録レコーダー中の患者

Dr.ハウスのヒュー・ローリー主演のドラマ「チャンス!」シーズン1の登場人物です。

最初に登場した時点で分かっている情報だけをまとめています。

ネタバレなしです。




チャンスとその家族

エルトン・チャンス

演:ヒュー・ローリー

主人公

精神科の診察医。右利きの55歳

最近離婚したクリスティーヌとの間に娘ニコールがいる。

クリスティーヌ

演:ダイアン・ファール

エルドンの別れた妻

現在は娘ニコールと暮らしている。新しい彼ニールも同居予定

ニコール

演:ステファニア・オーエン

エルドンとクリスティーヌの一人娘。15歳

拒絶されることに過敏。強迫行為と衝動行動の遺伝的要素あり(チャンスの見立て)

ニール

クリスティーヌの新しい恋人。バカ。

チャンスの仕事関係

ルーシー

演:グレタ・リー

チャンスの診療所の受付を務める助手。妊娠中

スザンヌ・シムズ

演:リサ・ゲイ・ハミルトン

チャンスが患者ジャクリン・ブラックストンに紹介する心理療法士

チャンスとは20来の友人

マイラ・コーエン

ジャクリンの前のセラピスト

ジャクリンを担当中に何者かに殺された

ファン・バチスタ

チャンスの診療所のビル管理人。アマチュア写真家

ヘレン

ルーシーの産休中の代理で派遣された受付兼助手の女性

ルーシーよりずっとずっと年上

ギンリー

チャンスが以前に勤務していた病院の看護士

アンティークショップ

カール・アラン

演:クラーク・ピーターズ

骨董屋の主人

基本方針はアートよりマネーの商売人

ディー

演:イーサン・サプリー

アンティークショップの修繕職人

大食漢の大男でたいそう強い

魅力度はチャンスの約500倍

ジャクリンと家族

ジャクリン・ブラックストン/ジャッキー・ブラック

演:グレッツェン・モル

本名はジャクリン・ブラックストン。39歳両利きでバークリー在住の数学者

記憶障害、集中力低下、時間感覚喪失がある。

夫レイモンドに殴られてからもう一人の自分ジャッキー・ブラックが現れるようになったと話す多重人格者でもある。

夫レイモンドとは別居中

レイモンド・ブラックストン

演:ポール・アデルスタイン

ジャクリンの別居中の夫でオークランド警察の殺人課刑事

ジャクリンによるとDV男らしい

警察関係

ハインズ

フリーモント署の刑事

マイラ・コーエンが殺された事件を捜査している

検事局でチャンスが事件のファイルを見たことを不審に感じて事情を聞きに来る

スポンサーリンク

チャンスの患者

ストーリーにはほとんど絡みませんが、チャンスが診療記録を録音している患者さんのデータをまとめておきます。

マリエラ・フランコ

登場回第1話

女性

1年7か月前自動車事故に遭い、同乗していた父親の首を切断された遺体とともに車内に閉じ込められる経験をして以来PTSDに悩まされる。

障害手当てが打ち切られ、裁判に必要な検査を拒否。その後自殺

氏名不明

登場回第1話

53歳左利き男性

脳梗塞で転倒後妄想症に

自分を清めるため漂白剤や排水管クリーナーなどを服用し介護施設に入所

M・J

登場回第1話

42歳右利き女性

大卒者だが路上で突然の暴力を受けて以来性格が激変し仕事をしなくなる

現在はホームレス

L・S

登場回第2話

46歳男男

幼少期に虐待を受け、すべてを逆に覚えるようになる

本はおしまいから読まないと理解できない

73羽の鳥を飼っている

バーナード・ジョリー

登場回第3話

19歳男性

運転中の事故で頭蓋骨骨折と脳内出血を起こす

退院後は脳震盪後症候群は発現し、幻覚に悩まされていた。

通行人を事故の相手と誤認し暴行。

クシェル医師

登場回第4話

前頭側頭型認知症(退行性脳疾患で善悪の区別はついても自分の行動を制限できなくなる)を発症した老医師

妻がおぼれ死んでいるプールで平然と泳いでいる

交通ルールを無視し、万引きや患者へのセクハラなどを繰り返して逮捕された

チャンスは弁護側の証人として疾患についての質問に答える

クシェルは有罪になり、面会に来たチャンスに「善悪を決めるのは他人だ」「ならば善悪になど囚われることはない」と語る。

ウィリアム・マレン

登場回第5話

82歳の男性で巡回裁判所の元判事。結婚歴なし

女性介護士にこれまで100万ドル近くを渡していて、詐取されているのではとの通報からチャンスが診察することになった

マレンは、彼女とは恋愛関係だと言い、金を取りたがっているのは承知しているがこれでいいと言う。

「チャンス!」冒頭ネタバレとシーズン1の感想はこちらに

「チャンス!」シーズン1第1話ネタバレ感想-Dr.ハウスが患者思いの精神科医に
Dr.ハウスのヒュー・ローリーが主演とプロデューサーを兼任するドラマ「チャンス!」(chance!)が日本で見られるようになったのであらすじなどをまとめました。医療モノと言うよりサイコサスペンスで想像以上に面白いです。