北欧の映画

北欧の映画

映画「湿地」(アイスランド2006)のあらすじ登場人物相関図感想など

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】アイスランドの映画「湿地」のあらすじと登場人物、相関図、キャストなどです。物語の背景であるアイスランドの事情に関する考察やアイスランド人の名前についても。「湿地」のあらすじネタバレなし版湿地に建つ家で頭から血を流して死んでいるホルベルクが発見されました。ホルベルクは老の独身男で、妹がいましたが6歳で死んでいます。机の引き出しの裏に一枚の写真が貼られていました。写真は墓を撮ったもので、墓標は「コルブルンの娘ウイドル 4歳で死す」
北欧の映画

ザ・ディープ(2013アイスランド)の登場人物あらすじ感想など

「ザ・ディープ」という映画はふたつあります。ロバート・ショウ、ニック・ノルディなどの出演する1977年の映画「ザ・ディープ」と、トロール漁船の転覆事故を描いた2013年アイスランドの映画。この記事で扱っているのは、2013年アイスランド映画のほうです。1984年に実際に起きた海難事故の話で、淡々とドキュメンタリー風に作られた作品です。
北欧の映画

「ヒトラーに屈しなかった国王」あらすじ感想ノルウェー国王についてなど

ノルウェーの映画「ヒトラーに屈しなかった国王」静かな感動とともに、国家の一番大切なものは何かと改めて考えさせられる、とてもいい映画でした。ヒトラーがノルウェー国王に迫る条件には二つの大きな問題があり、受け入れれば国家の根幹が瓦解しかねません。しかし跳ねのければ戦争は避けられないでしょう。政治とは切り離された立場のはずの国王は決断を迫られます。
北欧の映画

「ヒトラーの忘れもの」あらすじ感想とドイツ少年兵地雷除去の周辺事情など

デンマークの映画「ヒトラーの忘れもの」(2015年)のあらすじ感想など。まずネタバレなしのあらすじを書いています。後半感想の部分ではネタバレしています…となると、ラスムスンは元々ドイツに対して相当な悪感情を持っていた可能性が高いでしょう。彼にもドイツを憎悪するだけの体験がきっとあったでしょう。でも