ザ・ミッシング

ザ・ミッシング ザ・ミッシング
ザ・ミッシング

ザ・ミッシング-囚われた少女あらすじ感想登場人物の現在と過去の変化など

欧州を舞台に国境と時を行き来しながら子供の行方不明事件を追うアンソロジーシリーズ「ザ・ミッシング」シーズン2囚われた少女のあらすじ、感想、登場人物の特徴などをネタバレなしの範囲で書いています。登場人物に思いもよらない過去や意外な顔がある点は、シーズン1「消えた少年」と同じですが、シーズン2「囚われた少女」では、見る人によって物事の解釈の違うことがたびたび出てきます。
ザ・ミッシング

ザ・ミッシング-消えた少年 あらすじ感想と結末に関する制作陣コメントなど

派手さはありませんが、とてもよいドラマでした。最後は二通りの解釈が可能な作りにっていますが、主演のジェームズ・ネスビットと監督のシャンクランドのコメントがありました。失踪の謎を解きながら、人の多面性を描いた物語でした。善人に見える者の暴力歴が暴かれたり、教職に就く者に意外な過去があったりする反面、小児性愛者である青年は、自身の嗜好に苦悩していて、単純に悪人と呼ぶことはできない人物です。優秀な刑事で人格者として尊敬されるバティストも、娘が薬物に依存するのを止めることができず、家庭は荒れています。