キャッスルロックシーズン2登場人物相関図とキャスト

謎まみれのまま終わったキャッスルロックシーズン1

「キャッスルロック」シーズン1に残された12の謎を考察
ドラマ「キャッスルロック」シーズン1は全10話の作品ですが、謎は全然解けていません。むしろ増えてるくらい。シーズン1で残された謎をまとめておきます。1 キャンドル彫刻の人形2:モリーの砂時計:レイシー所長はなぜ青年にヘンリーを呼べと言ったのか4 キャッスルロックの守護者5森のデジャルダン6 ルースの家の銃声7 森のオーディン8 青年はなぜレイシーの車が必要だったのか10 ウェンデルがルースから聞いた父ヘンリーの話とは11 ハーモニーヒル墓地の墓には誰が?ジャッキーはルースに何を飲ませた?青年の本当の正体

さあシーズン2で解決だ!と思ったら、S2は全然別の話からスタートして、第1話の登場人物はすべて新キャラでした。

いずれS1とS2が合流するのだろうとは思いますが、とりあえずS2の登場人物を整理しておきます。

 




キャッスル・ロック シーズン2の登場人物相関図

第1話終了時点では分かりにくいので2話あたりまでに判明した立ち位置で相関図を作っています。

2話を見る前に知ってしまっても、そうさしつかえはありません。

 

キャッスルロックシーズン2登場人物相関図改

 

 

ネタバレ版の登場人物相関図も作りました。

見る場合はタップ↓で開いてください。

 

ネタバレ相関図を見る

キャッスルロックシーズン2登場人物相関図

 

序盤で分かりにくいのは、ふたつのソマリア人モールに関わる人々ですが…

既存のモールの持ち主…ポップ(白人、エースのおじでドクターH、アブディの里親)

ポップの部下…エース(白人、ポップの甥)

新モール建設…アブディ(黒人、ドクターHの兄)

ドクターH…(黒人)名はナディア。周囲の者はポップをDr.Hの父と認識している。医大の学費を払ったのはポップ。

 

まとめると…

ポップはソマリア難民救済に乗り出したアメリカ人で、アブディとナディア兄妹の里親だった人

ナディアは医者になってドクターHと呼ばれ癌のポップの治療にあたっている

アブディは魔女狩りの歴史からアメリカ人が忌み嫌う土地を買ってソマリア人モールを作りポップとエースの商売敵になろうとしている

と、こんな感じです

1話のあらすじ等詳細はこちらに

「キャッスルロック」シーズン2第1話あらすじ-さすらいのアニー・ウィルクス
【ネタバレ部分はタップしないと見えないようにしてあります】スティーブン・キングの集大成とも言えるドラマ作品「キャッスルロック」謎山積みで終わったシーズン1を放ったらかしにシーズン2は別の物語から始まりました。S1でよく登場人物が飲んでいたバー「メロウ・タイガー」がちらっと映ったりもしていますが…エルサレムズ・ロットという場所は、実はシーズン1にも登場します。ウェンデルが一人でボストンへ帰るバスに乗ったものの、何かに誘われるようにふらりと下車してしまった町がエルサレムズ・ロットでした。(シーズン1第8話)

 

キャッスルロックシーズン2登場人物詳細とキャスト

アニー・マリー・ウィルクス(アン・インガルス)

演:リジ―・キャプラン

一人娘を連れてアメリカ全土を渡り歩くシングルマザー。

殺人容疑でFBIに指名手配されているため本名を隠し、アン・インガルスと名乗っている。

精神疾患があり幻覚に悩まされているが病院にかかることが出来ず、看護師として勤務する病院で薬剤を盗んでしのいでいる。

アニー・ウィルクスとは、S・キング作品「ミザリー」で好きな小説家を治療の名目で監禁し小説作品の続きを書くよう強要した女性の名。

キャッスルロックS2は2019年の物語で、「ミザリー」のアニーは40代くらいだったことを考えると、このアニーとあのアニーは別人と言うことに…

それともミザリーって実は未来世界の話だったの?(笑)

ミザリーのアニーにも殺人歴があり、過去の殺人を「思い出の小道」と題したノートにスクラップしていました。

ミザリー傑作ですよ。

映画と小説どちらもすごくいいです。

 

ジョイ

演:エルシー・フィッシャー

アニーの娘

アニーが流れ者として暮らしているため娘のジョイが学校へ行っている様子はない。

ミドルティーンとなった今は、自分の境遇と母親に疑問を感じている。

絵が得意だが、ひとりで絵ばかり描いていた育ちが想像されて痛々しい。

異常な母親に育てられた娘という意味ではキング作品「キャリー」の主人公を思い出させる。

 

キャリーは2度映画になっています。

1作目でキャリー役をやったのは、キャッスルロックシーズン1のヘンリーの母ルースを演じたシシー・スペイセクでした。

こっち↓

 

リタ・K・グリーン

演:サラ・ガドン

アン(アニー)に字の読み書きを個人教授した女性

レッスンは、呼吸法や運動を取り入れた楽しいもので、アニーとリタは友人のような関係だった。

 

ポップ(レジナルド・メリル)

演:ティム・ロビンズ

エースの伯父

品行方正とは言えない風情の人物ながら、ソマリア難民の受け入れに尽力し現行のソマリモールを立ち上げた。

町の顔役で地元警察にも通じている。

難民だったアブディとナディアの兄妹の里親で、兄アブディは実業家、妹ナディアは医師に。

ナディアとは親密な関係が続いているが、アブディはソマリモールを継いだエースの商売敵になりポップとの仲も微妙。

医療大麻らしきものを常用している。らしい。

 

ティム・ロビンズはキング作品「ショーシャンクの空に」の主役を演じた俳優さんです。

ショーシャンク刑務所はキャッスルロックの町にあり、キャッスルロックシーズン1のラストで再びとても重要な場所になりました。

この後もまたショーシャンク刑務所は出て来るでしょう。

S1最終話詳細はこちらに

「キャッスルロック」シーズン1最終回第10話あらすじ-終わらぬ呪い
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ショーシャンク刑務所の閉鎖が決まりました。残務整理に追われる女所長はある日ひどく怯えた顔でモリーに会いに来ます。森ではオーディンの遺体が発見されトレーラーに指紋を残していたヘンリーは拘束されてしまいます。助けが必要な青年はヘンリーを待つ墓地で逮捕。ふたりは留置所で再会します。パングボーンを死なせたルースは橋の欄干に立ち、モリーが…

 

エース(ジョン・メリル)

演:ポール・スパークス

エルサレムズ・ロットにあるソマリア人のマーケット(ソマリモール)のショバ代徴収をしている男で、アニーとジョイが借りた安アパートの家主でもある。

近くに別のソマリア人モール(ソマリア。ビジネス・センター)を開こうとしているアブディと対立している。

ポップ(レジナルド・メリル)の甥(ポップの妹ブレンダの長男)で、ポップを「曹長」と呼ぶことがあるが、ポップはその呼び方を禁じている。

 

クリス・メリル

演:マシュー・アラン

エースの弟

エースのような不良キャラではなくナディアとは恋愛関係

 

アブディ・ハウルワダッグ

演:バーカッド・アブディ

エルサレムズロットにソマリア人コミュニティ向け新モールを建設しようとしている男で、ドクターH(ナディア)の兄

ナディアの家に居候中。

 

ドクターH(ナディア・ハウルワダッグ)

演:ユスラ・ワーサマ

アニーが一時しのぎのつもりで勤めた病院の女医アブディの妹

院内ではドクターHで通っている。

ポップがハーバードの学費を出したようで、今はポップの主治医。

 

チャンス

演:アビー・コーリガン

アンとジョイが仮住まいとして借りた安キャビンの住人で年の近いジョイと友達になる

ボーイッシュな少女でギターが趣味

 

キャビン住まいの子供たち

ティモシー

14号室の黒人の男の子

ヴェラ

9号室の白人の女の子