「キャッスルロック」シーズン1第9話あらすじ-青年の語る27年前の真相

スティーブン・キングJ・J・エイブラムスが製作総指揮にあたる「キャッスルロック」は、キング作品のいつもの町キャッスルロックで起きる不可解な事件を描いた全10話のドラマ作品です。

シーズン1第9話「ヘンリー・ディーヴァー」のあらすじを紹介します。

キャッスルロックの登場人物はこちらに

「キャッスルロック」の登場人物相関図とキャスト
ドラマ「キャッスルロック」の登場人物です。相関図はシーズン1での物語の設定で作っています。シーズン途中で死んじゃう人もいますが、そうしたことは書いていません。ドラマを見る前に相関図見ちゃっても平気です。ヘンリー・マシュー・ディーヴァー演:アンドレ・ホランドキャッスルロック出身で現在はテキサスで弁護士をしている。子供の頃行方不明になり、11日後にパングボーン保安官に発見された。父マシューは、失踪したヘンリーを探す途中結氷したキャッスルレイクに落ちて死亡。町ではヘンリーがマシューを殺したのではないかと噂されている。




前回第8話の終わりで各登場人物がどうなっていたか整理

こう↓です。

ヘンリー斬殺B&Bで殺されかけジャッキーに助けられた後、牧師から「母の様子が変だった」と電話があり、車に乗り込んだところ。
謎の青年モリー宅
パングボーンルース宅の小屋で死亡
ヘンリーの母ルース自宅のはず
ヘンリーの息子ウェンデルエルサレムズ・ロット
モリー自宅
ジャッキー・トランス斬殺B&B前で警察に事情を説明中

キャッスルロック第9話あらすじネタバレなし版

青年はモリーに自分がどこの誰で何故ここにいるのかを話します。

にわかには信じがたい話でした。

「もとは医師でアルツハイマーの研究をしていた」

そして

「久しぶりに生まれ故郷のキャッスルロックへ来たら幼馴染のモリーが市議会の議長になっていた」とも。

並行世界が存在すると言うのでしょうか。

青年はこの時初めて自分の名を明かします。

「ヘンリー・ディーヴァー」

では、こちらの世界のヘンリーはどこにいたのでしょう。

……

この回自体が言わばネタバレ回なので、ネタバレなしではこれくらいしか書けないですね(笑)

キャッスルロック第9話あらすじネタバレ版

9話を詳細にネタバレしています。

ネタバレを読みたい人はタップしてください。

ネタバレを読む

青年がモリーに話す真相

青年はモリーに自分のことを話します。

青年の回想によってドラマは進行します。以下は青年の回想パート。

白人青年ヘンリー・ディーヴァー

青年がアルツハイマーの新しい治療法についてプレゼンしています。

アルツハイマーのマウスの脳にインプラントを入れると症状が劇的に改善したという報告です。

彼は医師で、女性と一緒に暮らしています。

結婚しているのかどうか不明ですが、幸福そうなカップルは子供を望んでいます。

青年は電話で父の訃報を聞きました。

電話の声はパングボーンです。

パングボーンの「よくない知らせだ」という言葉に青年が「母さんが?」と尋ねると、パングボーンは、「ルースは無事。父親のほうだ」

父マシューの自殺を告げる電話でした。

どうやらパラレルワールドが存在するようです。

青年は久しぶりにキャッスルロックへ帰ります。

向かいの家のモリーが、彼を見つけると声を弾ませました。

ヘンリー・ディーヴァー?」

この世界での青年は、マシューとルースの息子で、名はヘンリー・ディーヴァーなのです。

再会を喜ぶヘンリーとモリーは、メロウタイガーへ食事に出かけます。

店にいる知人と軽くあいさつを交わすモリーは、とても快活で別人のよう

今は市議会議長をしているそうです。

青年ヘンリーは、「母はずいぶん前に町を出て今はパングボーンと暮らしている」と話します。

アルツハイマーを発症し、今はパングボーンに面倒を見てもらっている状態だとも。

それがヘンリーがアルツハイマーを研究している理由でした。

ひとりキャッスルロックに残った父は、牧師を引退してからは孤立していて、自殺の直接のきっかけになることがあったのかどうか、モリーにも分からないそうです。

地下室に監禁される黒人少年

今夜は父の家に寝る予定の青年でしたが、あいにく電気のブレーカーが落ちてします。

配電盤を探して地下室へ下りたヘンリーが見つけたものは、檻と黒人の少年でした。

警察が来て地下を調べ少年を保護します。

保安官らしいザレフスキによると、少年がしゃべったのは一言だけ。

「ヘンリー・ディーヴァー」

ザレフスキは、少年が自分の名ではなく家主の息子の白人青年の名を言ったものと解釈しています。

ふいに少年が駆け出しました。

森の方へ行こうとしているようでしたが、すぐに取り押さえられ病院に預けられました。

父の残した1400本のカセットテープ

青年ヘンリーは父の声の録音された大量のテープを発見します。

毎週1本ずつ録音されたテープには、キャッスルロックで起きる不気味な事件や父の体験が記録され、音声による日記のようです。

こちらの世界の父マシューもまた、神の声を聞こうと試みていました。

神の声が聞こえれば、キャッスルロックの負の連鎖を断ち切る方法が分かると信じていたのです。

父は言っています。

裏口のドアをひっかく音がして、見に行くと少年がいた。

警察に連絡しようと思ったが、その時少年が

父さん聞こえたよ。すごく大きかった。音が頭に侵入して、父さんは消えていた。目が覚めたら森の中だった

積もっていた雪も消えて、知らない町のようになり、誰も僕を知らなかった

と言う。

訳が分からずにいると、少年は、養子のヘンリーだと言い、私と森で祈っていたのだと話した。

母さんの作り話じゃないとも。

少年は、私と息子しか知らないはずのことも知っていた。

私は、愛する子が戻って来たのだと思った。

外見は違っても中身は私の息子だった。

カセットはさらに続きます。

でも彼はあざむく者だった。私は騙されたのだ。

彼は息子ではない。

黒人の少年は、私たちの知っているヘンリーでしょう。

しかしこちらの世界の父マシューの本来の息子は白人のヘンリーで、小さいころに母に連れられて出て行ったきり。

神が息子を返してくれたものと思い迎え入れはしたももの、しばらく経つと、少年は息子ではなく、この子こそがキャッスルロックに巣食う悪魔だと感じるようになり、地下に監禁した。

そんな経緯が想像されます。

病院の火事は少年が起こした?

少年のいる病院で火災が起こり、彼は警察に連行されます。

放火犯だと思われているのです。

青年ヘンリーとモリーが面会した少年は、自分の名を「ヘンリー・マシュー・ディーヴァー」と名乗ります。

モリーが強く訴え、1日だけ少年を連れ帰る許可が下りました。

3人の乗る車のすぐ後ろを警察車両がついてきます。

一晩じゅう外で監視するそうです。

少年を森へ

モリーは、森へ連れて行く以外に少年を救う方法はないと直感しています。

警察をまいて森に車を走らせるモリー。

森に着くと少年は走り出し、ヘンリーとモリーはそれを追います。

崖の近くで少年に追いついたモリーは、少年の肩に手を乗せ空を見上げています。

ヒメコンドルの群れが旋回する空を。

その時後ろから来るザレフスキが発砲し、モリーが倒れます

ヘンリーがモリーに駆け寄ると、そのスポットで見る世界はゆがんでいます。

周囲には血を流す女性や包丁を手にした女性、逃げる囚人の姿も。

次に気が付いた時には、あたりには雪が積もり、青年ヘンリーの他には誰もいません。

少年のヘンリーもモリーも消え、ザレフスキたちのいた形跡もありません。

崖から見下ろすキャッスルレイクは凍っています。

「ヘンリー!」

保安官が凍った湖の上を走っていきました。

彷徨と監禁

青年ヘンリーはそれから何日もさまよい、ショーシャンク刑務所所長のレイシーにつかまります。

お前は悪魔だと言われ、刑務所の地下へ。

これが、青年の語る27年前の出来事でした。

そして今青年は、モリーの助けを求めています。

第10話(最終回)はこちらに

「キャッスルロック」シーズン1最終回第10話あらすじ-終わらぬ呪い
【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ショーシャンク刑務所の閉鎖が決まりました。残務整理に追われる女所長はある日ひどく怯えた顔でモリーに会いに来ます。森ではオーディンの遺体が発見されトレーラーに指紋を残していたヘンリーは拘束されてしまいます。助けが必要な青年はヘンリーを待つ墓地で逮捕。ふたりは留置所で再会します。パングボーンを死なせたルースは橋の欄干に立ち、モリーが…

 

「キャッスルロック」シーズン1は次回が最終回。あと1話で終わりです。

シーズン2の制作も決定しています。

シーズン1は多くの謎を残して終わります。

謎を解くヒントがありそうなキング作品についてまとめたものはこちらに

キャッスルロックの謎考察のヒント-スティーブン・キング関連作品集
「キャッスルロック」は、スティーブン・キング作品に度々登場してきた架空の町キャッスルロックの物語で、過去作の集大成のようなドラマです。ドラマの中で過去のキャッスルロックの事件が語られることもありますし、青年の正体を探るヒントになりそうな作品もあります。ヘンリーって実は…と感じる作品も。1 キャッスルロック謎の青年の正体候補本命作品2.1991年に何かが起きる作品5.1.1 シャイニングと輝きとダニーとジェイクとヘンリーと雪の足跡