2020-02

キャッスルロック

「キャッスルロック」シーズン2第6話あらすじ-二人の母とジョイ新たな悲劇

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】前回(5話)をうけて登場人物相関図更新しました。ジョイは、ナディアの手続きで施設に預けられています。そこへリタが面会に来ます。廃墟だったマーステンには生き返った人々が集まり、賑わっていると言ってもいいくらい。エースは「アンがアミティの器だ」と言っています。しかしその頃、ゾンビ連が襲ったカップルのうち、男は誰かの器として棺から復活しましたが、女の方は儀式の途中で逃げ出してどこかへ行ってしまう事例が発生します。
キャッスルロック

「キャッスルロック」シーズン2第5話あらすじ-アンの生い立ちと殺人

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】アン・インガルスと名乗るアニー・ウィルクスの過去を娘のジョイが知るのが第5話です。文字を読めずに苦労した子供の頃、アニーは学校へ行かず、その父カールの小説「貪欲な天使」で字を学びました。障害を克服したアニーは文学の道へ進みたいと考えるようにまでなりますが、アニーの母は、父と同じ道へ進もうとするアニーを許せず、娘を殺そうとします。
キャッスルロック

「キャッスルロック」シーズン2第4話あらすじ-苦悩するポップと企むエース,その意外な協力者

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】4話ではアブディとナディアの母が死んだのはブラックホークダウンの時だったことが分かります。ジョイはアンの秘密の箱を手に入れ、エースはポップが自ら開いた通夜のパーティに仲間を従えて現れます。
キャッスルロック

「キャッスルロック」シーズン2第3話あらすじ-ドロドロの死霊と血まみれのアン

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】アンには、殺したはずのエースが見えます。幻覚を見ているのか。それともエースは死んでいなかったのか。事態を消化できないアンは、ジョイにすべてを話してしまいます。「エースを殺した」「なのに彼は戻って来た」ジョイには意味が分かりません。ジョイは、ある決意を固め、近くにあったケースから注射器を取り出しました。
キャッスルロック

「キャッスルロック」シーズン2第2話あらすじ-廃墟マーステンへの地下道,ポップの過去,アブディの弱点

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】キャッスルロックシーズン2第2話「不協和音」のあらすじなど。エースの遺体を捨てに行ったアンは謎の地下道を発見します。行方不明のエースを探すポップはアブディを疑い、アブディはポップの過去に関する何かをナディアに話すと…ポップはソマリモールをアブディに継がせるつもりでした。兄妹を正式な養子にする予定も。ですが今ソマリモールはエースのものになりアブディは別のモールを…
キャッスルロック

「キャッスルロック」シーズン2第1話あらすじ-さすらいのアニー・ウィルクス

【ネタバレ部分はタップしないと見えないようにしてあります】スティーブン・キングの集大成とも言えるドラマ作品「キャッスルロック」謎山積みで終わったシーズン1を放ったらかしにシーズン2は別の物語から始まりました。S1でよく登場人物が飲んでいたバー「メロウ・タイガー」がちらっと映ったりもしていますが…エルサレムズ・ロットという場所は、実はシーズン1にも登場します。ウェンデルが一人でボストンへ帰るバスに乗ったものの、何かに誘われるようにふらりと下車してしまった町がエルサレムズ・ロットでした。(シーズン1第8話)
キャッスルロック

キャッスルロックシーズン2登場人物相関図とキャスト

キャッスルロックシーズン2はシーズン1とは別の話からスタートしていて、第1話の登場人物はすべて新キャラでした。S2の登場人物とキャスト、やや分かりにくいソマリア人モール周辺の人間関係などを整理しました。アニー・マリー・ウィルクス(アン・インガルス) 演:リジ―・キャプラン 一人娘を連れてアメリカ全土を渡り歩くシングルマザー。 殺人容疑でFBIに指名手配されているため本名を隠し、アン・インガルスと名乗っている。 精神疾患があり幻覚に悩まされているが病院にかかることが出来ず、看護師として勤務する病院で薬剤を盗んでしのいでいる。