2019-12

ミスター・メルセデス

Mr.メルセデス シーズン2全話ダイジェストあらすじと登場人物相関図

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】スティーブンキング原作のドラマ「Mr.メルセデス」シーズン2全話のあらすじです。原作小説とは全然違う話になっていました。ブレイディの担当医フェリックス・バビノーは、妻コーラからの強い要請を断り切れませんでした。 製薬会社で新薬の開発をしているコーラは、中国の薬剤と自社の薬の合剤なら、大きな副作用なく植物状態にあるヒトの脳を再生させることができると信じ、ブレイディはその被験者にうってつけだと言い続けていたのです。
ミスター・メルセデス

Mr.メルセデスシーズン2第1話あらすじとS1忘れた人用ショート解説など

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】スティーブンキングの三部作をドラマ化したミスターメルセデス。シーズン2第1話のあらすじなど。S1の細かいことを忘れていて「これなに?」と思った人用の説明など。ホッジスが花を供えていたお墓は誰の?所有のベンツをメルセデス事件に使われた「メルセデス・レディ」オリヴィアの妹、ホリーの年上のいとこです。ブレイディがホッジスを殺すために仕掛けた爆弾に
ミスター・メルセデス

Mrメルセデス ブレイディの殺人リスト シーズン1で20人+2

ミスターメルセデスの大量殺人犯ブレイディ・ハーツフィールドは誰をどうやって殺したのか。これを整理しておかないと意外にシーズン2が分かりにくいのでまとめました。明らかにブレイディが手を下して殺したケースの他に自殺誘導で死なせたケースが1件あり、殺したのか殺していないのかまだはっきりしないケースも1件あります。
時効警察

時効警察はじめました最終話ネタバレ-熱海メンバー再集合山﨑賢人回

【ネタバレ核心部分はタップしないと見えないようにしてあります】最終回には三木聡監督のドラマ「熱海の捜査官」の出演者がたくさん出ていました。犯人役の山﨑賢人さん、ドロラッチの染谷将太さん、高飛び込み部の二階堂ふみさんは、「熱海の捜査官」でも同級生。染谷さんは「熱海」での役名も味澤宙夫でした。祷コーチ役の少路勇介さんは警察官として、ふせえりさんとともに南熱海署に勤務しています。南熱海署長は松重豊さんです。オダギリジョーさんは広域捜査官。これは架空のポジションですがちょうど日本のFBIといったところです。「時効警察はじめました」最終回には、「熱海の捜査官」の印象的なBGMグノシェンヌや、登場人物の口癖「もうだめだぁ」などが散りばめられていました。 熱海の捜査官面白いですよ。