2019-03

鬼平犯科帳

鬼平犯科帳スペシャル「引き込み女」登場人物キャストとあらすじ感想など

鬼平犯科帳スペシャル「引き込み女」は2008年制作のドラマです。ドラマのあらすじを前半ネタバレなし、後半ネタバレありで書いています。火付盗賊改めの拷問についても。五郎蔵が弥太郎配下の引き込み女を見かけます。平蔵は女と同じ店へおまさを奉公させることにします。女は足を洗っているのかもしれません。でも、駒止めの弥太郎がお元ほどの引き込み役を簡単に手放すでしょうか。そして時々物思いにふけるお元は、何を思っているのでしょう。
鬼平犯科帳

鬼平犯科帳スペシャル「一本眉」登場人物キャストとあらすじ感想など

鬼平犯科帳スペシャル「一本眉」は2007年制作のドラマです。「鬼平犯科帳」文庫版では13巻に収載されている「一本眉」と「墨つぼの孫八」が原作です。登場人物とあらすじをまとめます。ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしていあります。木村忠吾は、田楽屋で眉のつながった爺さんと知り合いました。おいしい田楽を目当てに通ううちに、行きつけ同士で話をするようになったのでした。おまさには一本眉のほうから近づいて来ます。一本眉は、行商姿で歩いているおまさに商売をしている気配がないことに気付いていました。「一緒に働かないか」と誘う
鬼平犯科帳

鬼平犯科帳スペシャル「兇賊」登場人物キャストとあらすじ感想など

鬼平犯科帳スペシャル「兇賊」は2006年制作のドラマです。ドラマのあらすじを前半ネタバレなし、後半ネタバレありで書いています。ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります。四十年ぶりに故郷の加賀を訪れた帰り、鷺原の九平は小さな小屋で雨宿りしながら、三人の男たちの話を聞きます。「鬼の平蔵を殺す」男たちはそう言っています。九平は昔ひとり働きの盗っ人でした。平蔵の名を…
鬼平犯科帳

鬼平犯科帳スペシャル「山吹屋お勝」登場人物キャストとあらすじ

鬼平犯科帳の2時間版スペシャルドラマの最初の作品が「山吹屋お勝」です。平蔵を恨む盗賊霧の七郎がたくらむ復讐は、平蔵暗殺だけではありませんでした。平蔵のいとこ仙右衛門の色恋沙汰からはじまるドラマは、思いもよらないほうへと展開していきます。あらすじはネタバレなし、記事後半にネタバレを書いています。
いだてん4~10話オンデマンド配信停止回のあらすじ

「いだてん」10話あらすじ感想と見逃した時の対処法など-日本は日本

いだてん10話ではストックホルムで練習する四三と弥彦が描かれます。弥彦の思わぬ弱さと四三の意外な強さ、世界の壁の厚さと友情の垣根の低さなどを対照的な事象を通じて世界との調和の神髄がちらっと見える深い回でした。
エレメンタリー

エレメンタリーS1第13話「戦争ゲーム」ネタバレとホームズの推理解説

「エレメンタリー」シーズン1各エピソード13のネタバレあらすじです。 現在のホームズとワトソンの状況は… 前回の事件(ホームズのかつての恋人アイ...
VODサービス

フジテレビオンデマンドFODプレミアムを解約退会する手順と注意

フジテレビのオンデマンドサービス、FODプレミアムを解約退会する方法を説明します。月額コースを解約後も購入した電子書籍は読めます 月額コースを解約するとできなくなることを確認。有料で課金した番組の視聴期限が残っていても見られなくなる。月額見放題コースで視聴していた番組が見られなくなる。雑誌見放題サービスが利用できなくなる。保有ポイントが使えなくなる
VODサービス

FODプレミアムポイントで電子書籍を買う手順-解約の前に買って下さい

FODプレミアムには電子書籍もあります。これを買う方法を説明します。電子書籍はポイントで買うことになります。FODを解約しても買った本は読めますが、解約後は保有しているポイントを使うことができなくなるので再加入しないと新たに本を買えません。買う予定の本がある場合は解約の前にポイントと交換しておいてください。
VODサービス

FODを初月無料にするAmazonアカでの登録とAmazonペイでの支払い設定手順

ビデオオンデマンドサービスFODは、初回登録なら初月無料で利用できますが、他のVODと違う条件があります。アマゾンアカウントで登録してAmazonペイで支払い設定をすることです。アマゾンペイの概要の説明と具体的な登録手順を詳細に説明するので確実に初月無料での視聴をしたい方は…
いだてん~東京オリムピック噺

いだてん東京オリムピック噺9話あらすじ感想と見逃した時の対処法など

シベリア鉄道には様々な国の乗客がいます。周囲を観察する四三は、西洋人の真似をしても自分たちは日本人。ならば日本人の元気のあるところを見せ、特徴を示すべきだと考え、東京師範学校へそう書き送っています。可児かにと肋木の永井は、「これは西洋かぶれの大森兵蔵に対する批判に違いない」と解釈し、「やはり永井教授が行くべきだった」「いやいや可児君こそ」とやりはじめました。それを聞いた嘉納治五郎かのうじごろうは、兵蔵と安仁子を派遣した理由をふたりに打ち明けます。実は兵蔵は肺の病を患っているのだそうです。