ザ・テラー シーズン2インファミー

ザ・テラー S2インファミー不名誉第2話あらすじとユウコと島の日系人の謎-一世の共有する秘密がある?

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ザテラーS2第2話のあらすじと2話時点での登場人物相関図、それぞれの居場所などをまとめています。ここまでに出て来た情報から垣間見える島の日系一世の共有する秘密についての整理も。
ザ・テラー シーズン2インファミー

ザ・テラー S2インファミー不名誉第1話ネタバレ有と無のあらすじ

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ザ・テラー第2作は、第二次世界大戦時アメリカに実際にあった日系人の収容施設を舞台にした物語です。この収容所には幽霊が出ると噂されていたと聞きます。1話のあらすじとターミナル島の場所、謎の整理などを書いた記事です。
ザ・テラー シーズン2インファミー

ザ・テラー シーズン2「インファミー不名誉」の登場人物相関図

「ザ・テラー」のシーズン2インファミー(不名誉)」の登場人物と相関図です。3つの日系人家族が出てきますが、ナカヤマ家とヨシダ家は両親ともに似ていて分かりにくいので、どの場面のどの人が誰なのか、分かりやすい場面をあげて書いておきました。ナカヤマ家がチェスターの家です。フルヤ家が自殺するマサヨの家。ヨシダ家はエミーとウォルト兄妹の家
南欧の映画

「おとなの事情」登場人物のダメージ度を集計して分かった秘密をバラしてはいけない理由

「おとなの事情」は、仲のいい友人が携帯電話でのやり取りを公開し合うゲームをする物語です。ちょっと恥ずかしい程度の秘密もあれば、人間関係が終わるレベルのネタも。各登場人物のバレたことと受けたダメージを格付け集計してみたところ、秘密は秘密のままにしておくほうがいい理由が浮かび上がりました。
北米の映画

パーフェクトルーム登場人物の見分け方,妻,愛人を整理-ややこしさ解消の助けに

映画「パーフェクト・ルーム」分かりにい点は・どの人がどの人の奥さんなの?・どの人がどの人の愛人なの?・クリスとビンセントが似てて見分けられない。これを整理します。クリス ビンセントとの見分け方は顎の細さと瞳の色。精神科医 妻はアリソン(顔が長い人)愛人は議員秘書アン ビンセント 建築家ベース型の顔、妻ビビアン
ミスター・メルセデス

「任務の終わり」Mr.メルセデスS2の原作小説の登場人物とあらすじ

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ドラマ「ミスターメルセデス」シーズン2の原作にあたるSキングの小説「任務の終わり」について登場人物とあらすじなど。メルセデス事件被害者の自殺と「Z」電話の向こうでピートが「すぐ来てくれ」と言うので、ホッジスは順番の近づいている診察をすっぽかして病院を出ました。メルセデス事件の被害者で、首から下が動かなくなった女性マーティーンと介護していた母ジャニスが遺体で発見されたのでした。
ミスター・メルセデス

小説「ファインダーズ・キーパーズ」登場人物あらすじなど-キングの三部作2作目ドラマ「Mrメルセデス」のS3

【ネタバレなしです】スティーブン・キングのミステリー三部作、ミスター・メルセデスシリーズの2作目「ファインダーズ・キーパーズ」ドラマのS2はブレイディ中心に進むようですが、小説では一旦ブレイディから離れます。とはいえ同じ町の出来事で世界はつながっています。ホッジスやホリー、ジェロームが登場し、主人公の男子高校生の父親はメルセデス事件の被害者です。
北米の映画

シャマラン三部作を「ミスター・ガラス」から見始めてしまった人用解説

「ミスター・ガラス」はシャマラン三部作を締めくくる作品です。2作目の「スプリット」は「アンブレイカブル」を見ていなくても話を理解できる作りでしたが、「ミスター・ガラス」は「アンブレイカブル」と「スプリット」を見ていないとよく分からないだろうと思います。「ミスター・ガラス」から見始めてしまった人用に、登場人物とこれまでの物語について簡単に説明します。
南欧の映画

いつだってやめられるVol.3-闘う教授たち登場人物あらすじ感想など

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】軽快に進んで来た映画らしく、過剰な演出はせず、見る者を強引に一定の感情に誘導することもせず、最高の台詞をあくまであさっり聞かせて締める粋。 心憎いラストシーンでした。本当に本当に見て良かった、大好きな映画になりました。イタリア映画「いつだってやめられる」シリーズは、はじめに第1作「7人の危ない教授たち」が制作され、好評を後押しにシリーズ化されたものです。 2作目「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」と3作目「いつだってやめられる 闘う教授たち」は、同時に企画されたものなので 1作目制作時点では1本限りの映画の予定 ↓ 2作目を作る時には3作目も作ることが決まっていた という流れです。
南欧の映画

いつだってやめられるVol.2-10人の怒れる教授たち登場人物あらすじ感想など

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】イタリア映画「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」は、ピエトロひとりが罪をかぶって服役。他のメンバーはそれぞれの生活に戻ったように見える終わり方でした。 でも実は、ピエトロが警察に出頭した後、教授たちはまたもう一仕事していました。 続編「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」は、ピエトロ出頭から第1作のラスト、ジュリアが男の赤ちゃんを抱いて刑務所に面会に来るシーンまでの出来事を描いた作品です。 意外に大変なことが起きていたことが分かってびっくりのシリーズ第2作でした。