時効警察

時効警察はじめました第2話ネタバレ-犯人にも解けない密室トリック向井理回

【ネタバレ核心部分はタップしないと見えないようにしてあります】第2話の未解決事件 今回霧山(オダギリジョー)が捜査するのは、25年前、国民的な人気だったミステリー作家日下部光晴くさかべみつはる(古舘寛治)が密室で殺された事件です。 その日、小学校6年の息子秋斗あきとと小2の娘遥、女中の雪絵の三人がいつものように朝食の卓につき、父光晴を待っていると停電が起こります。 3人はブレーカーの様子と書斎にいるはずの光晴を見に行きました。 書斎は中から鍵がかかっています。 ドアを破ると室内には恐るべき光景が…。 光晴がリクライニングチェアーで血を流して死んでいます。 傷は腹部と胸の2か所。 ドア近くと椅子の足元、それに窓際に3つの血だまりが見えますが、天窓が細く開いているだけで窓には鍵がかけられています。 その後、庭に落ちたナイフが発見されたことから、自殺ではなく他殺、密室殺人であると考えられるようになりました。 事件の前に、邸宅を出て行く不審な背の高い女が目撃されていて、この女が容疑者と見られますが女の正体は分からず、密室のトリックも解けないまま時効を迎えています。 父の死後、中学生で推理作家としてデビューした日下部秋斗(向井理)は、今では小説だけでなくCDまで発売するほどの人気作家です。
時効警察

時効警察はじめました第1話ネタバレ-冷凍庫とイカ殺人,幼妻教祖小雪回

【ネタバレ核心部分はタップしないと見えないようにしてあります】12年ぶりに復活した時効警察。第一話のあらすじです。今回霧山が捜査するのは、25年前、愛人関係にあった男女が同日同時刻に別の場所で死んだ事件です。食品会社社長で女性関係の派手さから「総武のウタマロ」と呼ばれていたの要玲蔵かなめたまぞうが自宅で死亡。閉め切った部屋でイカを焼いたことによる一酸化炭素中毒でした。同じ頃、新興宗教の運営者で玲蔵の愛人だった神沼絹枝かみぬまきぬえが玲蔵の冷凍倉庫で凍死します。絹枝が自分で冷凍倉庫へ入る様子は防犯カメラに映っていましたが、その後倉庫に近づく人物は確認されていません。無人のはずの倉庫になぜ外から手動ロックがかかったのか、この謎は解明されないまま時効が成立しています。
時効警察

時効警察復活スペシャルネタバレ-71歳の美魔王武田真治回

【ネタバレの核心部分はタップしないと見えないようにしてあります】現役警官霧山が時効事件を趣味で捜査する「時効警察」の12年ぶりの再スタートを記念して作られた2時間スペシャル。総武署メンバーの変化や新人警官の紹介を含めてあらすじをまとめています。FBIから時効管理課へ帰ってきた霧山が興味を持つのは24年前のガソリンスタンド火災。死者がひとり出ています。バイトの高校生と推定されま…
邦画

「閉鎖病棟」原作はこういう物語です-生涯胸に残る台詞の中にある人生の本質

【ネタバレなし】2019年秋に公開される映画「閉鎖病棟-それぞれの朝」の原作小説のあらすじと感想、作中にある忘れがたい台詞などについて。タイトルは閉鎖病棟ですが主要な登場人物に閉鎖病棟の患者さんはいません。彼らを閉じこめる鎖とは、病院で一生を終えるのだと決めてしまっている彼ら自身の心です。登場人物と相関図  島崎さん以外は全員おじさんかお爺さんです。渋い作品なのです。
ザ・テラー シーズン2インファミー

ザ・テラー S2不名誉第10話最終回あらすじ-後ろ向きなハッピーエンド

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】戦中のアメリカに暮らす日系人の周辺で起きる奇怪な出来事を描いたザ・テラーシーズン2第10話最終回のあらすじと登場人物相関図の変化など。
ザ・テラー シーズン2インファミー

ザ・テラー S2不名誉第9話あらすじ-ルースの2度目の出産とアサコの秘密

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ザ・テラーシーズン2~不名誉第9話のあらすじです。出産の近いルースのいる祖母の家では、厳重に戸締りしてゆうこの侵入を防いでいましたが、いよいよ生まれるという日、ゆうこは神父の中に入ってやって来ます。 ベッドの脇に立つ神父がゆうこだと気付いたチェスターは、ルースを車に乗せて、今は使われていない軍事施設へ乗りつけました。 薄暗い部屋でようやく産まれた子は男の子で、産声は上がりませんが健康です。 それを見届けたチェスターは、ヘンリーにある頼みごとをします。 一方アサコは、自分のしたことをゆうこは知っているのだろうかと思い悩んでいます。
ザ・テラー シーズン2インファミー

ザ・テラー S2不名誉第8話あらすじ-チェスターとジロウ呪術再会エミーとボーエン復讐の応酬

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】第8話ではエミーのボーエン少佐への反撃の結果が出ます。一方チェスターはルースと結婚。もはや戦争も日系も関係ないドラマを突っ走っています。結婚式にはユウコが現れ、チェスターを通じて双子の弟ジロウを探し当てます。
ザ・テラー シーズン2インファミー

ザ・テラー S2不名誉第7話あらすじ-流行り病とケンの直訴とチェスターの兄弟

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】アンソロジーシリーズ「ザ・テラー」のシーズン2不名誉第7話のあらすじと感想などを書いています。はじめケンのことスパイかと疑ってて悪かったよホント。チェスターは自分の育った修道院のファイルを調べ、生まれた時は双子だったことを知ります。収容所では熱と咳の流行り病が広がり病棟は患者で一杯になっています。
ザ・テラー シーズン2インファミー

ザ・テラー S2不名誉第6話あらすじ-ゆうこのタイゾウとチェスターの知る真相

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしてあります】ザテラーシーズン2インファミー第6話「タイゾウ」のあらすじと解釈感想などを書いています。人はなぜか霊の言い分には道理が通っていると思い込むこれが今回の発見でした。死んでも死にきれずこの世に出てくる幽霊の持つ恨みには、万人が納得する理由があるものだという前提で見る習慣がついているなーと。お岩さんとかお菊さんとか。「こりゃ気の毒だわ。好きなだけ化けて出なよ」と思いますよね。有名な怪談は大体そうです。
ザ・テラー シーズン2インファミー

ザ・テラー S2不名誉第5話あらすじ-捕虜の自決,ケンのNo,動く鞄から転げ出るもの

【ネタバレ箇所はタップしないと見えないようにしています】ザテラーシーズン2「不名誉」第5話のあらすじ,ここまでの登場人物相関図と死んだ人まとめ、感想など。5話はガダルカナルのチェスターが捕虜の日本兵と対峙する回です。日本兵は何故かチェスターの名を知っていて敵意のままにチェスターを死霊と呼びます。収容所では日系人の意識調査が行われ、2世のケンはその質問内容に納得がいきません。回答者の処遇を危惧するエミーは…