Amazonでギフト券を使わずに支払決済したいとき-デジタルコンテンツは無理

2020年1月13日Webサービス

Amazonで買い物をしたとき、代金の支払は、ギフト券から先に使われるよう設定されているのが普通です。

ギフト券には有効期限があるので(10年)、親切な設定なのですが、なんらかの理由で、ギフト券の残高を使わずに支払をしたい場合があると思います。

あちこちクリックして悩んだ結果、ギフト券を後回しにする方法が分かったので図解説明します。

今回やったことは、

  • アマゾンギフト券、アマゾンポイントを持っている状態で
  • アマゾンギフト券を使用せずに
  • アマゾンポイントとカード払いで決済する

です。

 

アマギフを使わずに買い物する手順

まず、カートに買うものを入れて「レジに進む」へ。

ここまでは普段通りです。

Amazonレジへ進む

するとデフォルトでは、全額ギフト券で支払うことになっています

Amazonギフト券から使用する設定になっている

今回は、ギフト券を使わず、ポイントは使いつつ、残りはカードで払うことにしたいので、

「支払い方法」の「変更」を押します。

Amazon支払方法の変更

「お支払方法を選択」のページに移動するので

ここで決済手段を指定します。

ポイント全部とカードで支払うなら、下のように。

Amazonカードとポイントで支払う

  • ご登録のクレジットカード」をONに
  • 「Amazonポイント・Amazonギフト券」では、「Amazonポイント」にチェックを入れて、
    今回の注文で利用可能なポイントをすべて利用する」をONに

支払方法を指定したら、「次へ進む

Amazon次に進む

最終確認の画面に移動します。

支払方法が、カードとポイントに変わっています。

Amazon支払方法の変更前

こう↑だったものが
こう↓変わっている

Amazonカードとポイントで支払うに変更

内訳もこのように

支払内訳Amazon.co.jp レジ

ギフト券での支払いが消えています。

配送オプションなど、いつもと同じ指定項目を確認したら、「注文を確定する」を押せば、完了です。

 

アマゾンビデオはどうやってもアマギフから支払われてしまう仕様

通常の買い物なら上の手順でアマギフ温存ができるのですが、アマゾンで動画をレンタル/購入するときには、1クリックで確定して、必ず登録しているアマギフが使われます。

1Click設定を無効にしていてもビデオはボタン一つで購入が決定しまうのでどうにもなりません。

アマゾンのヘルプにある「1-Clickを使った注文について」という項目を読むと

「1-Clickの注文をOFFにする」を設定した場合、デジタルコンテンツ以外のご注文に対しての1-Click機能は無効となります。デジタルコンテンツのご注文には引き続き1-Click機能が有効です。

とあり、

さらに

1-Clickでの注文には、クーポン以外の支払い方法をご利用いただけます。アカウントにAmazonギフト券残高がある場合は、自動的に1-Clickでのご注文に適用されます。

とあります。

つまりアマゾンのプライムビデオをレンタルしたり購入したりする場合には、問答無用でアマギフから使われる仕様になっていると。

「デジタルコンテンツ」と書かれているので、ビデオの他に音楽のダウンロードも同様でしょう。

もっとも、これはそう困るシステムでもありません。

「アマギフを使いたくない=カードやキャリア決済で払いたい」だと思いますが、希望の支払い手段でアマギフを買うことが出来るので結局は同じことです。

アマギフを消費せずカード等でビデオレンタル代を払いたい!という時は、アマギフで払ってからカードで代金分のアマギフを補充しましょう(笑)

2020年1月13日WebサービスAmazon